1. Top » 
  2. 阪神タイガース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

頼れるのは自分だけ!

まー何というか、久保はほんとに運のない男と言うべきなのか・・・・・・・


まず、本来前の試合が登板予定だった杉内が、その試合が雨で流れて阪神戦にスライド登板となり、さらに阪神は中6日で下柳かと思えば、ここでまさかのローテを入れ替えての久保先発となってしまったわけだ。


試合前から杉内が先発というとこで、2安打完封負けというのが見えているだけに、まず久保が勝つというのは試合前からまた苦しい形になったからね^^;


ただ昨日の杉内はそんなに調子はよくなく、2度も1死満塁という形を作れたのだ!


が、さすが阪神と言わんばかりに2度共見事に潰したわけなんだがw

まー2回のは1死2・3塁で、打てそうな関本が歩かされ、杉内のスライダーに全く合っていない鳥谷と、ヘッドが下がってボールの下の部分を振りまくり、当たってもレフトへの力無いフライばかりというのに陥っている金本との勝負になってしまい、6回には1死1・3塁で、1打席目にヒットを打っていてなんとかしてくれそうな雰囲気のあった桜井がまた歩かされ、インコース高めの真っ直ぐを投げてれば勝手にアウトになる今岡と、狩野に回ってしまったというのがすべてだっただろうね。


というわけで、また久保に援護点0という冷たい打線。

しかも2回裏には、1死1塁の場面で長谷川の左打者ならではの回転のかかったサードゴロを、粗いさんがポロして1・2塁にされ、続く打者の何でもないサードゴロで余裕でゲッツーコースというあたりを、またも粗いさんがポロして2塁だけアウトのみと、とっくにチェンジのはずが2死1・3塁というピンチまで用意させる凄い野手達w


さらにこれだけでは終わらず、6回裏の1死3塁のピンチの場面で、打者オーティズ、カウント2-3からの低めのボール球に手を出して三振かと思えば、このハーフスイングをボールという判定にされて、結局先制点をとられるきっかけにもなってしまった。


もはや久保からすれば、敵はソフトバンクだけでなく、味方も審判も敵だったであろうw

ならば信じれるのは自分だけ!とばかりに今年1番の出来の内容で、8回2安打1失点という最高のピッチングを見せた!!



ただこれだけ頑張ってもまだ勝ち星がつかない。
それどころか、9回の林ちゃんのホームランがなかったら、この内容で負け投手になってたわけだしw


しかも次回登板は、このままいけば絶好調唐川との対戦で勝負がもう見えてきてるしな・・・w



ていうかまじで打線頑張れよ・・・・・・

まー5月のクリーンナップ3人の平均打率が2割を切っている地点で、点が入るわけがないんだが。

スポンサーサイト

どうやったら勝てます?

今日も5回まで杉内の前に案の定0点で抑え込まれている状態。


ただ、問題は2回表の阪神の攻撃である。


先頭の8番狩野がライト前に杉内からヒットを打ち、さらに平野のセフティバントの際にセカンドの本多がファーストベースのカバーに入っていないという大きなミスで、1死2塁が無死1・2塁となった。

さらに1番赤星も3塁線に絶妙なセフティバントをかまし、1塁もセーフのタイミングで無死満塁となるはずだった。



が、どこから見てもセーフなのにも関わらず、1塁塁審はこれをアウトと判定する誤審。

当然赤星も1塁コーチ久慈も、セーフだと自信を持っているだけに納得がいかない。


ここで1死2・3塁になるのと、無死満塁とでは全く違う!


なぜなら続く関本は満塁時には滅法強いし、2・3塁となれば関本が歩かされ、絶不調の鳥谷でゲッツー狙いというパターンも出てくるわけで。



が、真弓がまったく動かない・・・・・・・・・・・



なんで?????


選手があれだけ納得をしない顔をしているのに、なんで監督が動かないんだ?


ここで抗議しても覆るわけがないとは言え、監督が抗議をして覆らなくても、選手は監督のその姿勢を見てきっと何かを感じるはずである。

それがこのまま監督が行かなければ、選手も納得しないまま心の中がモヤモヤしたまま試合が続いてしまい、いい結果なんか生まれないだろう。


ましてやチームの空気がどん底に沈んでいる今こそ、監督が動いてチームを変えていくべきではないのか?



監督が「絶対勝つ!」という気持ちを出していかないと、一体どうやってチーム状態を変えるって言うんだよ!


誰を使っても駄目。 なら監督が勝利への姿勢を見せて、チームに喝をいれるしかもう方法はないだろ!!


この1週間で一体何が・・・・・

ただいま~~~~


の前に、一言。





金本あんたは何者やねん!!!!



寮で新聞のみで情報を得てましたが、甲子園初試合の広島戦での劇的逆転劇に、金本が甲子園での3打席連発、東京での3連発という、5年に1度あるかないかのもの凄い出来事がこの1週間で起こっている事に、唖然としてしまいましたw


ほんとに金本には三冠王狙っていただきましょうww



ただ、今日は完全音なしで巨人に負けて3勝5敗

劇的ゲームはあるものの、普通に勝つという試合がないんだね・・・・・・・


赤星は腰痛で不振となり、今日はゲームを外れ、5番の新井も不調、メンチも相変わらず。

先発も頭数を揃えるのがやっとという感じだし、中継ぎ陣も今までに比べれば安定感を欠いているように見える。


だから、打ってるのは金本一人なんよね・・・・・・

これって去年の横浜の村田は打つけど、他の選手は劣るというのに似ている気が・・・・・・・・


新井がもうちょい調子を上げれば、得点ももっとできて普通の勝ち試合に持ち込めると思うんだけどね。



でも、いい試合されても僕は見れないから意味がないんだが・・・・・・・・



3年間プロ野球見れないと思うとつらいな~・・・・・


WBC見れなかったので、久々に虎事情でもw

今日はアメリカ戦を見れず、ハイライトしか見なかったけどとりあえず決勝進出やったね!!

ていうかアメリカの守備の荒っぽさはほんとにwwww


ほら見てみ!ムネリン大活躍やろが!!

ほんとに村田の怪我なかったら、ムネリンも宝の持ち腐れで終わってたとこだったな・・・・・・
しかもWBC終わったらすぐにシーズンなんだから、このWBCに選ばれても試合にほとんど出ない選手は、オープン戦もないし、調整不足でシーズン開幕というところだからかなり大変だろうね。

岩田大丈夫かよ・・・・・

あと、矢野もなんか手術したあとがまだ完全にならないみたいで、開幕アウトとかorz

最近WBCのことで阪神の話題には食いついてないが、今の状態で開幕を迎えるのは相当やばいですww

結局先発も「候補がたくさんいて誰を使うか迷うなぁ~」とか秋に言ってたが、結局1軍レベルに達しても長持ちがしない中途半端な小粒軍団ばかりだったわけで、先発ローテ確定は安藤、下柳、岩田の3人のみ。

これにプラス3人いるわけだが、現状だと石川がまず入る感じ。

ただこの石川も長いイニング持たんのよね・・・・・
昨日も広島市民で何回ラストゲームするねん!という正真正銘のラストゲームで、5回無失点も6回に急きょフォアボールで乱れ、嶋に同点3ランを打たれたり、まだまだ安定感がまったくないね。

福原、金村暁もなんだかなぁ~という感じだし・・・・・・

能見はここ最近なかなかいい投球をしているが、毎年シーズンに入った途端打ち込まれて結局2軍暮らしというパターンだしな・・・・・

ローテ入りを目指していた白仁田も、結局打ち込まれまくって脱落


しかもローテ入り確定の安藤も、ここ何試合かずっとボコボコにされ、あげくの果てには打球を足に受けるという・・・・・・

今さら投球フォームを見直すとかほんとに開幕投手大丈夫かよ!


岩田もWBCでも大した登板がなく、先発での長いイニングを投げるという実戦もまったくないため、そういう点での大きな調整不足が1番の不安要素だな・・・・・


下柳はバッピでせっせとやってるらしいがw


野手陣では、メンチなんかもはやウ○チ状態なわけで、桜井に頑張ってもらわないとライトが相当やばいです、、、

林ちゃんはWBCから帰ってきてから、完全にバッティングフォームを崩し、ヒットがまったく出ないというかなりの重症に陥ってしまった模様・・・・・

開幕1軍はこのまま行けばまず無理だろうね。


サードは新井が開幕アウトなので、藤本、坂で争い中。

坂も何気にパワーがついてきてるね^^

藤本も少し調子が下がり気味なものの、なんとかこの状態で開幕を迎えて欲しいが。


キャッチャーは、矢野がアウトとなれば岡崎がスタメンマスクになるのか!?!?

ていうか矢野早く復帰頼む!!


まー好調な選手では、やっぱり鳥谷、平野、今岡の3人だろうね。

鳥谷はずっと1試合に2本以上はヒット打つかなりの安定感!
この状態が開幕後も続いていけば、3番としてはかなりやってくれると思うね^^


平野もオープン戦打率0.360というかなりの好調っぷり!

今岡も3割打っているし、あとは真っ直ぐにどれだけ反応できるかだね。
全盛期のころは、変化球を待っているときに真っ直ぐが来ても、すぐに体が反応してしっかり打っていたからなぁ~



まーともかく、この時期にして不安要素が相当あるわけで・・・・・・

先発で安定した投手が0人とか終わってるだろ^^;


予想外の電撃トレード!!

なんと阪神の橋本健太郎と、ロッテの久保がトレードされるということ!!!


朝ニュースを見てほんとにビックリでした。

まさかこの時期にこんなトレードがされるとは予想もしてませんでしたね。

橋本と言えば、やっぱり新人の05年で中継ぎとしてJFKに負けない活躍で1年間フル回転して、いきなり最高のスタートを切ったわけですが、06年から去年の3年間、1年目のころの力強い球児にも及ぶといわれた真っ直ぐも影を潜め、コントロールも悪くなり、そして橋本の勝負球であったチェンジアップが真ん中に集まって痛打されるなど、2年目以降は伸び悩んでいた状態。

ただ、今季のキャンプは力強い真っ直ぐも戻り、結果も残していたので、今季こそは中継ぎでいけるんじゃないの?と思ってたんだが、まさかトレードされるとは、、、


でもロッテに入って、これで阪神ファンをびびることがないので、ロッテのほうが精神的にも楽になって、結果を残せるのでは?と思います。

ロッテならきっと1軍で使ってもらえると思うので、復活した真っ直ぐ、チェンジアップを見せつけて、1年目のころのような輝きを取り戻して、ロッテでフル回転してくれよ!!

もしかしたらオープン戦で早速阪神とのご対面もあるかもしれないねw


それで阪神に来る久保だが、こちらも橋本と同様、ルーキーイヤーの05年に10勝3敗で新人王、07年には9勝をあげるなど、実績はある先発本格右腕。

ただ去年は4勝7敗と振るわなかったのだが、なんとか阪神に来たからには復活を遂げてもらいたいね。

年齢も橋本と同い年なので、まだ28歳。
ちょうどこれからがピークになるはずなので、期待はしたいが・・・・・・
金村の二の舞になるのだけは避けてもらいたい^^;


まーどちらの球団も、実績があるけどここ数年伸び悩んでいるが、素質もあってまだ28歳で今後の望みも十分ある投手同士のトレードなので、ダメージとしてはお互い同じくらいはあるかな。

高校時代

今日はネタがないので、今日はプロ野球選手の高校時代の映像を。(楽するな!w

まずは今季から先発の、劇場男久保田の高校時代。


正捕手だけど、トルネード投法でリリーフも兼任。

球速と球の力は結構ありますね。
さすがトルネード。


続いて今や球界を代表する守護神となった藤川!


今の球児とやっぱり結構違いますね。

これからも虎の守護神としてお願いします!


メンチの期待度はどれくらい?

今日はファミスタネタが特にないので、阪神の新外国人ケビン・メンチについて。

外国人選手は助っ人というために獲得するのだが、ここしばらくの阪神に来た外国人野手の面々を見ればわかる通り、助っ人どころかチームの足を引っ張るような選手しか来ない。

02年のホワイト04年のデッドボールでしか塁に出れないキンケード05・06年のスペンサー08年の真ん中打てない病&ほとんど2暮らしのフォードというように、球団が直接外国から連れてきた野手は、ネタ選手しかいないからね・・・・・(アリアス・シーツは、あくまでも他球団で活躍したのを見てからの獲得)

そして今年はメンチと1億8000万で契約。

1999年レンジャーズ入団で、4年目の02年にメジャーデビューし、その後去年までの7年間で通算89本塁打を放っているとして、期待の大砲?とされている。

メンチは一昨年フォードと共にリストアップされていて、メンチのほうが年俸が高額になるなどの理由で、結局フォードを獲得しただとか。

まーそのフォードは好調期すらなく、結局1年で解雇となったわけなのだが・・・・・。

そしてフォードが駄目だったから、予備のメンチを今年獲得したのだが、ここで疑問に思うのは、なぜ1年経ってもメンチ以外の外国人選手を見つけられなかったのか・・・。

ほんとにそろそろ海外スカウトも入れ替えを行っていかないと、いつまで経っても駄目外人を仕方なく契約するという繰り返しになるわけで。

そして、なぜたった1年後に高額な年俸がネックになっていたこのメンチを、すんなり獲得できたのかと、さらに疑問が出る。






はい、08年はメジャー出場51試合にとどまり、ホームランは0本でした。





どおりで何か変だと思いましたが、これで納得ですw

まー89本塁打の大砲と言っても、ふたを開ければこういったことがやっぱりあるね。



その新外国人メンチの、メジャー時代の映像があったので。



見たとおり、なかなかのデブですww


一応フォードよりは長打は打てるでしょ。
たまたまのレフト方向へのホームランも、8本くらいは期待できるかな?ww


ここ数年の外国人選手があまりにもひどいだけに、メンチに求める成績のハードルもかなり低いでしょうw

まーファンのこの期待度の低さをひっくり返すような、もの凄い活躍を見せて、甲子園に「メンチ勝つ弁当」が販売されるようになるか結局予想通りの足引っ張り外人で、ファンとかに「メンチカツしっかりせんかい!」というような冷やかしを受けるのか、どちらになるかはメンチ次第!


大体どうなるかご想像はつくでしょうがww


とりあえずメンチは、今から期待してないファンを見返すような活躍を頼みますよ・・・・・。



HR20本とは言わず10本くらいでいいのでww

藤川虎生え抜き最高4億!!

いやほんとにこれは凄い!!

まー05年から4年間、ずっと阪神の星、プロ野球の宝として安定した成績を残し続けてるいるんですから、妥当な金額ですね。


球児自身は将来メジャー願望もあるらしいのですが、日本球界の宝なんだからそんな簡単にメジャーに行ったらあかんでしょ。

まーとりあえず巨人を倒すまではよう行かんでしょうが・・・・。

とにかく阪神一筋でずっといて欲しいなぁー、と思いますね。


ていうか、球児が4億貰うんだったら中継ぎ投手ももっと評価してやれよと感じもするんだけどね・・・。

中継ぎも抑えと同じように、1つのアウトを取るのに一苦労する終盤に、ゲームを壊さないようアウトを積み重ねていくわけだし。


来年からは球団ももっと評価してやってくださいな!



ネタがこれだけだとあれなので、今年の阪神名ゲームPART3を。

今日は誰もが?2008年特に印象に残っているだろうと思われる、7月2日の葛城サヨナラ打&初雄叫び!!




2008名ゲームPART2

ネタがない日は、今年の阪神のナイスゲームを。


9月11日の対ヤクルト。

今岡バースデー復帰同点2ラン!




そして2対4とリードされた最終回、イムから奇跡の同一カード3連続サヨナラ勝ち!!


時間がないので

ネタ無い&時間ないので、今日は今年の阪神の名ゲームの1つを。




この試合で完全に阪神優勝やと思ったのになぁ^^;

なぜ中継ぎ投手には・・・・・

テストが結構返ってきたんですが、簡単な問題の書き忘れとか、解ける問題をしょうもないミスで落として合計30点は損しました・・・・。

まーそれでも1教科平均90あるので、まだ良かったかな。

でもこの30点があれば、940点はいけたのにorz



契約更新の時期の今、阪神では今季新たな風を吹き込んだ平野が大幅UPで更新し、対照的に開幕から出遅れ、結局白星のつかなかった金村は制限いっぱいの大幅ダウンで更新。

これらはまー妥当な額での更新なのだが、今年も疑問に思うのがやっぱり中継ぎ投手の査定の低さ。

はっきり言って、球団の頭はどうかしてますわ。

今季久保田に次いでチーム2位の66試合登板、23ホールドの渡辺が、たった1600万しかUPしないのはおかしいでしょ。

確かに終盤に失速したが、JFKのつなぎ役、前の投手のつけた火の消化役といった大変な場面での登板もかなりあり、数字以上の大活躍。

さらに江草に対してはたったの500万UP提示。

前半戦は前の投手のランナーを還して自責点は0というパターンがよくあったし、後半では登板機会が減っている。

しかし、ウィリアムスとの貴重な2枚中継ぎ左腕として55試合に登板。

さらに登板する試合も左打者へのワンポイント、先発が序盤で炎上して試合が壊れかけたとこでの早い回からの立て直し役でロングリリーフ、ジェフ離脱時の唯一の左中継ぎとしてのフル回転と、渡辺と同じくあらゆる場面で起用された。

多少好不調の波があったとはいえ、防御率は2.78で、そしてなんといっても4年も1軍でずっと阪神を支え続けたことは評価したやらんといかんでしょ!

4年も先発転向を我慢しながら、

05年 51試合 70・1/3回 4勝3敗 防御率2.67
06年 36試合 96・2/3回 5勝6敗 防御率3.54(先発で12試合5勝4敗)
07年 50試合 60回    5勝0敗 防御率1.90
08年 55試合 58・1/3回 3勝1敗 防御率2.78

これだけ安定した成績を残してるんですよ!!

それでたったの4150万で、今季活躍したての岩田と同じ金額では「中継ぎなんかやってられるか!!」となるに決まってるでしょ!!

一体誰のおかげでここまでの黄金時代が築けてると思ってるのか。

中継ぎ投手は登板しなくても、週1回の登板に合わせて調整する先発投手と対照的に、ブルペンではいつ呼ばれてもいいように常に肩を作ってるわけだし、心の準備も毎回していて、登板数以上に精神的に疲労が溜まるポジションだ。

そこらもそろそろ評価してやったらどうなのか・・・・・。

野手のように出場手当てみたいなのもつけてやれよ・・・。

他球団に行けば勝ち試合に投げて、年俸も6000万~8000万はいってますわな。

こんなアホみたいな安給料あげていたら、FA取得した時に逃げられる可能性もあるんやで!

しかもこの程度の年俸ではCクラスなので、人的補償もなし。

こんな評価じゃーモチベーションも上がりませんわな・・・・。

いつ他球団に逃げられても球団が全て悪い。
ましてや野次の厳しい阪神のユニフォームを着てやってるだけに、これから解放されたいという気持ち、さらに年俸も多く出す球団があれば、阪神に残留するとは限らんよ。

ジェフも相手に研究され、いつまでやれるかわからない状態なだけに、江草抜ける=左中継ぎ投手無しということを理解しておかないと。
 

来季ローテは下柳・岩田・安藤と・・・ 誰!?

現在テスト中ですが、ファミスタも怠らずやってますw

今回も08①6回から参戦してます。

栗原SP・パック・森野SPのクリーンナップの活躍で、3試合で26得点と打線爆発し、さらに投手陣も失点はわずか1で、その1失点も送球ボタンを違うところを押していて、ずっと反応せずランニングHRにされたものだけ。

が、この勢いをバグストに止められた、、、

0対1で連勝ストップ・・・・・。

最近バグストと当たらないなー、と思ってた矢先に、このタイミングで来るとはね。

まー残り試合切り替えていくか。



大分遅いですが、三浦は残留やてね。

球団側としては99%来るという感じだっただけに、ダメージはでかいかなと。

ボギーも解雇したし、来季も現状の戦力でいくしかないということだな。

今季の岩田のように、すんなりと開幕ローテに入れるくらいの投手が出てくればいいんだけどね。

白仁田や黒田がいいみたいだけど、秋季キャンプで言われてもなぁ・・・・。
ましてやこの2人はまだ1軍経験すらないのに、いきなり開幕1軍でバリバリの先発ローテを任せるというのはバクチに近いw

福原・上園・金村暁あたりも投げてみないとわからんという、見ていて一番ヒヤヒヤするタイプの投手で、福原なんかは復活したんかしてないのかが全然わからん投手だからな^^;

即戦力で入団した杉山・筒井・能見もほとんど2軍暮らしと、春までによっぽどの成長がなければ正直開幕1軍は厳しいだろうし、来季駄目なら解雇・トレードの可能性も十分ある。

高卒で入った若竹・鶴も、まだ1軍レベルには達してない感じだし。

開幕までに、この中から2人くらいは岩田のように成長してくれないと、来季はかなり苦しいやろね。

先発転向の久保田も、まだ試合で投げてないのに今からどうとか言えないからな。

なんならこの春は広島に育ててもらうかw

ネタがない・・・・・・・

テストが今日終わったわけですが、ネタがないな・・・・・・・・・。

アジアシリーズもテレビ中継がないし、あり得ん誤審をするし、話題にするほどのものでもないしな。

ファミスタは、新スキルがまた追加っぽいですね。
でも、もししょうもないスキルなら頼むからこれ以上増やさないで。


試合のほうは、公式戦は残り限定リーグが河川敷のためやる気がでず、完全放置状態だったCOM戦を、コツコツ進めてます(まだクリアしてねーのかよ!というのはなしで^^;

ようやく95%まできて、あとは日ハムダルと、パ代表ダルを潰すだけ。
これはハードルがかなり高いな・・・・。

まーなんとか頑張ります。



ネタがないと言いつつ阪神の話題w

まー毎年恒例のことですが、「川上獲得へ!」という記事をみて笑いましたwww

ネタがないこの時期は、こんなもので1面を飾るしかないんよね^^;
三浦も残留すると言った矢先に、岡田はんも連れて交渉しようとしてるみたいだが・・・・・。

まー、来季も今季と同様のメンバーでとりあえず戦うということになるでしょう。

しかし、あまり大きな話題にはなってないが、野口が実はFA権を持ってるということ。
そして、横浜が野口を獲得しようとしてるだとか。

まー横浜も、来季は相川は恐らくメジャーだろうし、2番手キャッチャー最有力の鶴岡も謎のトレードで巨人にいっちゃってるしね。

だから相川がいなくなれば、今季初出場した武山・斉藤俊・新沼といった現状ではほぼ無名の選手しかいなくなる。

ドラフトで早大の細山田を獲ったものの、少なくとも1軍レベルの捕手に達するには、3年はかかるだろう。

当然横浜の今季の成績を見れば、来季は今季の二の舞になるのは何があっても避けなければならない状況。

そうなると、年俸もお手ごろで、阪神では出場機会が少なく、ベテランとして若手の見本になる野口を獲るという事だろうね。


まー決めるのは野口だからなんともいえないが。



横浜の捕手事情のことを言ってますが、阪神のほうが実は危うかったりする。

矢野も来季は41で、かなり負担のかかる捕手というポジションを考えれば、いつ引退してもおかしくない状況。

しかも2番手捕手も40近い野口と、2人一斉に引退となる可能性だってある。

若手の狩野、小宮山も出場機会がほとんどない。
まー、今季のあの緊迫した状況をみると、若手を出して育てる余裕なんかなかったんだが。

優勝を狙える位置にいる今、なかなか若手を思い切って出せる状態じゃないからね。

その点、矢野が引退すると、暗黒時代も覚悟しないといけないわけだ・・・・・。


とりあえず、狩野・小宮山が今後どれだけ成長するかやね・・・・・。

貧乏神は誰??

ドラフトの結果。

大田はなんと原先輩のもとへ・・・・・・。
巨人は毎年ドラフトのくじ運はいいな・・・・・・。

それに比べて阪神の貧乏くじなことwww
2度連続2球団とのくじになって、いずれも外すとかどないなってんねん!!

06年オフのドラフトでは、堂上も大引も2球団との競合にどちらも敗れて獲られ、去年も中田を獲れず。

もう笑うしかないやろ^^;

どんだけくじに弱いねん・・・・・

まー4選手を獲得したので、2軍で泥まみれになって、いずれは1軍戦力になるよう期待してるからな!!

岡田政権に終止符

できればもっと長く、岡田阪神の試合を見たかったが、ついに終わってしまった。

2軍監督時代から、選手を育てるのが上手く、球児・鳥谷・岩田・林・桜井や、たくさんの若手を育て上げてきた。
そして2005年にはJFKを確立し、リリーフの重要さ、守り勝つ野球というのを作り上げ、教えてくれた。

その岡田阪神ラストゲームは、育て上げた先発の岩田が、序盤にエラーで2度先頭打者を出すにも関わらず、持ち前の粘り強いピッチングでダブルプレーを奪い、点を与えぬ気迫の投球。

そして中盤からは全く相手打線を寄せ付けず、8回を投げて被安打1という、これ以上ない最高のピッチングを見せてくれた。

だが、打線は岩田同様3年目の吉見に、完全に翻弄された。
初回に赤星ヒット⇒盗塁⇒関本進塁打で、理想の形で1死3塁のチャンスを作ったが、絶不調新井・金本の3・4番に1本が出ず、先制点を奪えなかった。

するとここから吉見にエンジンがかかり、外角いっぱいに140キロ代後半の最高の真っ直ぐがバシバシ決まり、7回まで手も足も出ず。

それでも8回裏、1アウトから好投岩田に代えて、代打に桧山を起用した。

ランナーがいないなら、林や中日戦で相性のいいミッチャンを起用してもいいのでわ?と思うが、突破口を開くには、やはり桧山だし、ずっとこういう場面では桧山を使っていて、いかにも岡田監督らしい采配だった。

結果桧山は三振だったが、続く赤星が2ベースを放ち、さらに送球エラーで一気に3塁まで行き、2アウトながらもランナー3塁と、久々のチャンスを迎えた。

しかし関本が吉見の気迫の真っ直ぐに詰まらされ、8回まで無得点。




こういう緊迫した試合では、意外な展開で試合が決まるパターンがよくある。

例えば05年の優勝を決めた、中村豊のホームランのように、意外な打者が最後に決めるというパターン。

そしてもう一つ。
絶対打たれるわけがない、という絶対的守護神が打たれて負けるというパターン。

なぜだかわからないが、8回に岩田に代打を送ったところで、9回に藤川が打たれて負けるというのが、頭の中をよぎっていた。

そして9回表の先頭打者に、代打立浪というところで、かなり嫌な予感がした。
変化球のボール球はほとんど振らないし、球児の真っ直ぐをヒットにもする力があり、さらに真っ直ぐを待ちながら、変化球もヒットにすることのできる、優れたバットコントロールを兼ね備えた、こういう場面では1番嫌なバッターだ。

そして、今の立浪の状態と、藤川の真っ直ぐの調子の良さを考えれば、ここは中途半端に変化球で勝負するのは、絶対避けなければならない。

だが、初球インコースに最高の真っ直ぐを決めた後、フォークが真ん中に入りセンター前へクリーンヒット。

さらに送りバント、暴投で、1死3塁と絶体絶命の大ピンチ。

それでも森野に対しては、調子の悪い変化球をやめ、真っ直ぐでグイグイ押して行き、セカンドフライで2アウト。

そして2アウト3塁で、バッターは4番タイロンウッズ。

ここで思い出すのが、去年の藤川対ウッズの球史に残る11球連続真っ直ぐ勝負である。
その時は、ウッズにセンター前へはじき返され、ここで去年の仕返しの場がやってきた。

敬遠という手もあるが、そうなると藤川の苦手な和田・ノリと続くので、逃げることはできない。

力と力のぶつかり合う、最高の場面。
カウント0-3から、真っ直ぐ2球をウッズが詰まらされる感じで、2-3に。



悲鳴が鳴り響いた。

藤川の真っ直ぐが、ど真ん中へ吸い込まれるようにいき、そしてそれをウッズが完璧にレフトスタンドへ叩き込んだ。

言葉を失ってしまった。

しかし、日本一最高の真っ直ぐが打たれれば、もう何も言うことはない。

岡田監督が球児をリリーフへ転向させ、そしてそこから炎のストレートを生み出し、岡田阪神にはもう欠かすことのできない最高の投手へと成長した。



いつかは負ける。
だが、これ以上の最高の負け方がどこにあるだろうか。

藤川球児の真っ直ぐが打たれれば、悔いなんか残るわけがない。




常に選手の気持ちを考え、采配を揮った岡田監督。

そういった最高の岡田阪神も、これにて終止符を打たれた。


岡田監督、本当に5年間お疲れ様!!
そして最高のチームを作り上げてくれて、本当にありがとう!!!
喜ぶときは、満面の笑みで喜ぶあの笑顔、ファンは絶対忘れない!!
そして最後の最後に流した涙、選手は絶対忘れない!!
さらば岡田監督、そしてまた戻ってくる日をファンは待っている!!


いよいよ明日からCS!!

さてさて、パリーグのCS第2ステージは今日から始まり、中島の大爆発等により西武が大量リードという状況。
そしてセリーグは、明日京セラで開幕!

先発は恐らく安藤と川上。
京セラで7連敗中だが、しばらく京セラでは試合をしてなかったので、別に問題はないでしょ。

あの記録的な首位争いがあり、それを制した巨人が日本シリーズに出るのが当たり前なわけだが、岡田はんが辞めるとなれば話は違う。

なんとか優勝して送り出してあげないと。

その岡田はんは今季限りで辞任というわけだが、岡田はんの監督成績は、

04年:66勝70敗2分(4位)
05年:87勝54敗5分(優勝)
06年:84勝58敗4分(2位)
07年:74勝66敗4分(3位)
08年:82勝59敗3分(2位)

大体1年平均の勝数も78と、監督としては普通に合格の成績。
80勝以上が3年もあるにも関わらず、優勝が1度しかないというのはね^^;

ただ、もう決まってしまったことを言っても仕方がない。
そして、後任は木戸かと思いきや、真弓でほぼ確定という話が浮上。

まー、木戸監督・平田ヘッドコーチという形になると、木戸47歳・平田49歳で、監督よりもヘッドコーチが年齢が上というのは、やりづらい部分があるからね。

そういうとこを見れば、55歳でファンに親しまれている真弓氏を、監督にするというのは別に問題はないと思う。

その前に、まずは明日勝つのみ!!

144試合お疲れ様!

巨人の尋常じゃない強さで、結果2位で終わってしまいましたが、岡田はんも選手もコーチもお疲れ様です。

82勝59敗3分なら、普通に優勝できる数字なんですがね^^;

しかし巨人とのデッドヒートは、ほんとにプロ野球を盛り上げてくれました。



さて、昨日が今シーズン公式戦ラストゲームだったわけですが、この試合では、岩田の10勝目、赤星盗塁王、関本3割といった記録のかかった試合でもありました。

スタメンにも、休んだほうがいいのでわ?というような新井も出場し、現状ベストメンバーで挑んだ試合。

が、恐ろしいほどの貧打ww

4回に赤星フォアボール⇒盗塁⇒関本進塁打で、ノーヒットで1アウト3塁のチャンスがあったが、頼みの新井、金本があえなく凡退で無得点。

そしてチェン・川上・昌の先発リレーの前に、6回1アウトまでノーヒットという状況。


ところが、ここで思わぬことが。


なんとピッチャーの岩田が初安打を打つのであるwwwww


今季はこういう場面が何度あったことか・・・・
下柳が初ヒットを打ったり、ボギーがHRを打ったり、安藤が0対0の場面で自らタイムリーを打ったり・・・・と、投手自らのバットで道を切り開かなければならないことがあるんですよww

だから阪神にいる限り、バッティング練習も怠らないようにww

その岩田のピッチングだが、なんで1点しか取られてないの?と目を疑うような感じですよ。
初回のノーアウト1・2塁も併殺打で切り抜け、3回も先頭打者フォアボールやのに無失点やし、4回もヒット4本打たれて1四球なのにも関わらず、1点しか取られないし・・・・・ 

岩田の真骨頂である、ピンチになってのねばりの強さが戻ったのか、中日打線がただ打ててなかっただけなのか・・・・。

まー何がともあれ、10勝目おめでとう!!

とりあえず1年間ローテを守って二桁勝ったことは自信になるはずなので、来季以降はどんどん伸びて、貯金の作れる投手に成長することでしょう^^

ていうより、そうなってもらわないと困るわけだがw



話が岩田のピッチングのほうに逸れていたが、打線が岩田のヒットを皮切りに、赤星・関本が連打で続いて1死満塁の大チャンス!!

が、調子を崩している新井が、初球・2球連続で甘い球を見逃し、3球目のインコース高めの糞ボールを振って三振と、新井の調子に心配要素が。

それでも金本が、まさかの押し出しで追いつくと、続く鳥谷もなんと押し出しで、あっという間に逆転ww

さらに代わった斉藤も、代打桧山にストレートのフォアボールで、スカッとしない3得点ww

3点目の押し出しは、軽く呆れてました^^;

中日も、大分レベルが下がってきた気が・・・・・・。
こりゃCS第1ステージも、低レベル争いでいい勝負になるという期待感も出てきたぞw

最後に平野のタイムリーがなければ、勝った気がしないラストゲームになるとこだったよw

とにかく最後勝てたのは良かった^^



CSは反対だが、阪神が負けるところは見たくないという、なんともいえない心境。

左手を負傷した赤星が、その後の試合から大爆発で昨日も2安打と、執念でチームを引っ張ってくれている。

ほんとに選球眼もいいし、ヒットも打つし、盗塁もするし、もう赤星には頭が下がりますよ。

心配な新井だが、もしCSもこの調子であれば、無理をさせずにドラゴンズ戦で抜群の相性の良さを誇る、ミッチャンを起用するのもありだと思う。

とにかく今年のCSは、去年みたいにあっけなく終わることだけは防いでくれww


岡田マジで!?!?

新聞にはまだ載ってなかったんですが、今日ヤフースポーツを見ると、




  「岡田監督辞意表明」

http://www.sanspo.com/baseball/news/081012/bsb0810120203000-n1.htm


これを見た瞬間、目玉が飛び出しそうでした。

もう既にコーチ・選手にもミーティングで伝えているそうで、岡田はんの頑固なところを考えると、これを撤回というのはほとんど有り得ない。

13ゲームをひっくり返された責任を取るという形にはなったとはいえ、阪神が弱くなったよりも、巨人が尋常じゃない強さだったわけなんだけどね・・・・・。


しかしこれは大変な事態ですね。
辞める確率が高いとはいえ、なんとか岡田はんには来季も続けてもらいたいわけで、フロントも必死に止めるようにしないと・・・・。

もし辞めるとなると、後任が誰になるのか・・・・・。
それに政権交代となると、監督就任1年目での優勝というのは相当難しいわけで、来季は捨てる覚悟でいかないといけない。

しかし、阪神の主力メンバーは、金本・矢野・下柳の40歳トリオで、ここからはもう1年1年が勝負の年。
それを考えると、1年も無駄にはできないということ。

なんとか岡田はんに続けてほしいが・・・・・・。
やっと岡田はんも、勝負勘を掴んだわけやし。


CSを前に、これは嫌なニュースだな・・・・。

終戦

悔しいが、巨人は強かった・・・・・・・・・





だが、悔しい。



そして、オリンピックが憎い・・・・・・・。



「タラレバ」というのは嫌いな言葉だが、今回ばかりはどうしてもこうなってしまう。



オリンピックさえなければ、阪神は優勝していた







とは言え、負け惜しみをしても仕方ない。
オリンピックで新井・球児・矢野が抜けることは、最初から承知の上だったわけだし。


巨人としては、不調の阿部・上原・スンヨプを復活させてくれたオリンピックなわけか・・・・




141試合目に抜かれ、142試合目に終戦。



こうなると、それまでの140試合は一体何だったんだろう。という感じになってくる。




気持ちとしては、本当にあっけない終わり方だった・・・・。

どうせなら144試合目に決めて、完全燃焼して終わらせてほしかった。


はっきり言うと、選手の姿、そして金本が、2度もこんな屈辱を味わったことを考えると、巨人に「優勝おめでとう」なんかはよう言わん。


昨日の試合に関しては、アッチソンが村田に対して2-1とし、そして真ん中に投げたことが悔やまれる。
これこそが、悔やんでも悔やみきれない1球という奴なのか・・・・・


とにかく、「メイクレジェンド」を実現化されたことが悔しい。

今はもうこれ以上言う気力がないですわ。


 

このまま黙って屈辱を味わえと?

             \(^o^)/オワターーーーー










というのが本音だが、まだ可能性は0ではない!
1%でも可能性がある限り、ここまで来て簡単に諦めるわけにはいかないのだ。

そのためには、まず横浜・ヤクルトに死に物狂いで巨人に牙を向けてもらうしかない。

まー今日の試合内容は、はっきり言うと巨人とのメンタル面での差が出た気がする。
チャンスで打てる巨人と、チャンスになるとオドオドして打てない阪神打線。

内海も決していいとは思えない内容だが、結局押し出しによる1点のみだと、もうどうしようもない。
4回表の1死1・2塁で金本・今岡が倒れて点が取れない。

8回表も、無死2塁で今岡・鳥谷が打てない。

思いっきり振ってくる巨人打線と、プレッシャーに負けて振れない阪神打線。


だが、何を思おうと窮地に立たされた状況は変わらない。
かすかな光に希望を持ち、最後まで応援しようじゃないか!

痛すぎる敗戦

まず一言言わせてください。



何でリーソップが先発のマウンドに立ってるねん!


リーソップを出すくらいなら、渡辺を先発に使って、2回江草、3回阿部、4回・5回久保田、6回・7回アッチソン、8回・9回球児の中継ぎリレーをした方が1億倍マシや!!!!!!!

大体この試合がどういう大事な試合かわかってるの?
巨人は直接対決のあと、関東連合の横浜2試合・ヤクルト1試合なので、阪神が巨人に勝ったとしても、残り4試合を3勝1敗で終えると思う。

となれば、巨人の最終成績は84勝57敗3分

そして、阪神はこれを上回らないと優勝できないので、巨人に勝利は絶対で、それ以外の4試合をを3勝1敗か2勝1敗1分で行くことが絶対条件となる。

なので1試合でも落とせば、残り4試合全勝しなければいけないということだ。



そして、そんな大事な試合の先発マウンドがリーソップというわけですわ。

案の定、初回にストライクを入れるのがやっとという、今から2軍に行ってこい!と言いたくなるようなグダグダなピッチングでいきなり2失点。

2回以降も立ち直る気配がなく、もう事が起こる前にさっさと代えたほうがいいと思った。

すると、4回表に点が入らない重苦しい空気を振り払う、4番の一撃が飛び出して1点差とし、流れが来ようとした矢先、4回裏にリーソップが致命的な3失点目。

何でこんないつ点を取られてもおかしくないようなグダグダなピッチャーを、この1点が命取りとなる場面で引っ張るねん・・・・・・。

もうこれ限りで解雇やろ。



リーソップが試合の流れを悪くしたのは確か。

でも、打線も初回から8回まで、毎回ランナーを出しながら、得点は金本のHRのみの1点はひどすぎる。

新井は石川の低めに落ちる球に、完璧に翻弄されてたし・・・・。
平野はスランプやし・・・・・・・・・。
林もスランプやし・・・・・・・・・・・。

ただ、先頭打者が1度も出塁できなかったのは痛いが。

ほんまに胸くその悪い試合でしたな・・・・・・・。



もう残り4試合を、死に物狂いで全部勝つしかないでしょ。

赤星が、左手打撲というのがどの程度なのか・・・・・・。
もしこれで離脱となれば終わりだな。

なぜ焦る・・・・・

昨日は悪夢だった・・・・・。

6回終わって、打線も新井効果で今岡・鳥谷らにタイムリーが飛び出し、理想的な形で5得点。
投げては安藤が、6回まで被安打3で球数もたった83球と、汚名返上とばかりに最高のピッチングを披露した。

だが、7回に好投安藤を、まさかの交代。
まー、中4日のジャイアンツ戦に登板させるため、最初から6回までという予定でいたのかもしれないが。

そして5対0の状況で、マウンドへ上がったのは久保田。

いきなり3連打で無死満塁となるも、ここを踏ん張るのが久保田流のやり方w

そして続く川本を三振に仕留め、結局0点で終わる、といういつもの流れ。

が、なぜか岡田がここでヤクルト戦では滅多打ちを食らっているジェフに交代。
点差は5点あり、いくら大逆転がある神宮とはいえ、この程度のピンチなら久保田で十分抑えてくれたはず。

しかもこんなに点差があれば、リリーフ陣は普通に考えて1イニングずついくという思いがあるわけだし、JAFKはイニングの途中での登板は、あまりいい成績は残せていない。

明らかに、この場面では久保田>ジェフ。

そしてそのジェフが、またしてもヤクルト打線に滅多打ちを食らって4失点。
結局ジェフは1アウトしか取れず、このイニング3人目のアッチソンをバタバタ登板。

7回のピンチはしのいでくれたものの、8回裏に先頭の畠山に2ベースを打たれると、1アウト満塁の大ピンチを招き、心の準備がまったく出来ていない球児に結局交代

すると、ワイルドピッチで同点にされると、川本にはレフトにタイムリーを打たれて、継投がすべて裏目に出ての痛すぎる逆転負け。



もう久保田をあそこで代えたのが悔やまれる・・・・・・。
なぜ5点差もありながら、勝ってる方がドタバタして勝手に自滅しなければならないのか・・・・。

しかも、ピンチ慣れしている久保田を、今季ピンチに弱く、ヤクルト戦でボコボコにされているウィリアムスを投入したのか・・・・・・・。

向こうのベンチもウィリアムスからは打っているイメージばかりあるわけで、ベンチの空気も「いける」という気にもさせてしまったわけなのだ。

ここに来て岡田が焦り、選手も焦らせてしまうという、最悪なパターンにしてしまったな。

まー、ここでのミスはもう許されないわけだが、優勝しないといけないわけで。
そのためには、もう今日から切り替えてやるしかないでしょうな。

まだ盛り上げ足りないというのか?


エース不在の結果だ。


結局先発が全てだな。

もう昨日の岩田は何やねん!

立ち上がりから、制球に苦しみピンチの連続。
それでも、初回のピンチでは女房役矢野がセカンドでランナーを刺し、2回の1死2・3塁の大ピンチでは、阿部のファール飛球をこれまた矢野バックネット前のラバーによじ登ってスーパーキャッチをし、そして2回裏には、その矢野がレフト前へ先制タイムリーを放ち、岩田をひたすら援護した。

しかも矢野が打点をあげれば07年5月の横浜戦以来負け無しの33連勝中と、これで勝てる!と思った。

が、岩田がそんな矢野の頑張りを無駄にする、話にならないようなピッチング内容。

先制された後の3回表には、先頭の鈴木をフォアボールで出すという、一番やってはいけないことをやってしまう。

2アウト2塁となり、ラミレスにタイムリーを打たれると、続くスンヨプにはまたお約束どおりの一発をバックスクリーンに放り込まれ、スンヨプはこれで対阪神戦では3試合連続のホームラン。

矢野がインコースに構えた瞬間、「終わった」と思ったよ・・・・・・・。
なんでいつもHRコースに構えるねん!!

岩田もジャイアンツ打線の前にビビリすぎ。

そりゃ今の巨人打線に平常心で投げろとは言っても、それは相当難しいことだが、先発に任された以上、もう思いっきり投げるしかないやろ。



ただ、昨日は打線が内海に食らいついた。
3回裏に、すぐさま今岡のタイムリーで1点差とし、尚もノーアウト1・3塁でバッターは金本と、最悪同点にはなるだろうと思った。

そして、金本が完璧に捕らえた打球は、ライト線!
と、打った瞬間は思ったが、不運にもファーストライナーでそのまま1塁ベースを踏んでまさかまさかのダブルプレー。

これは本当に痛かった。
抜けていれば、恐らくこの試合は阪神が勝っていただろう。

今季の金本は、本当に不運ばかりやね。
ホームランも40本はあってもいいはずが、15本は損をし、ヒット性のあたりもアウトになるというケースがかなり多い。



それでも、取られた後に得点し、1点差となればまだまだ勝機はある。

もう岩田は立ち直れそうにないし、もう勝ちに行くならピッチャーは代えてもええぞ!と思っていたが、岩田続投。

案の定、岩田はこの回もフラフラ

まー、鳥谷のファーストへの逸れた送球に、今岡の悪送球も絡んだのはキツいが。
それでも、2アウトからガッツへのフォアボールで満塁にしたのは良くなかった。

ここで2アウト満塁、バッターラミレスとなり、ようやくピッチャーを代えた。
意外と久保田がこういう時に、ズバっと三振を取ってくれそうなので、久保田投入でもいいんじゃないの?とは思ったが、結局渡辺。

渡辺登板でまず思ったこと。
それは、押し出しのフォアボールである。

渡辺・江草は、こういったピンチで登板すると、力んで歩かせて、なんのために代えたのかわからないというパターンがよくあるのだ。

それでも、結局カウント2-3まで来て、運命の勝負球は外角低めの直球!!

「よっしゃー、三振やっ!!!!!」


ん? あれ? 審判さん、何で? おいおいおい手を上げ忘れてまっせ。



えーーーーーーーーーーーーーーーーーー ボールかいな!!!!

何でやねん!!!
2アウト満塁、バッター4番ラミレス、カウント2-3で、しかも甲子園であのコースに来ればストライクやろ!!

あそこは審判の最高の見せ場やで。
あれをストライクとかっこよく決めるためにやってるんじゃないのww?
しかも、9回裏の阪神の攻撃時には、同じようなコースをストライクとコールし続けるKY審判。

去年の広島市民での、あのわかりやすい広島ひいきの審判を思い出しますわ。

この判定が、この試合の勝敗を完全に決めてしまったな。

結局スンヨプにもカウント1-3と投げるところがなくなって、2点タイムリーで2対6。

見事なまでにやられましたわ。



しかし、そう簡単には終わらせない。

6回裏、内海がついに崩れた。
変化球が全く入らず、2四球・1死球でなんと無死満塁!!!

そしてバッターは、得点圏打率の高く、そして満塁男である、簡単にアウトにならないこの場面にもってこいの関本!!

って、えーーーーーーーー!?!?!?!?

代打桧山やと???????

別に、7番に代打新井、9番に代打桧山でええやん!

頭の中が?だらけでいっぱいやったわ。

しかも巨人ピッチャーは、桧山の苦手なフォーク使いである越智やで。

それなら選球眼のいい関本で、押し出しという可能性を持っていくほうがいいんとちゃうの?

結局桧山はボール球のフォークを振って三振やし・・・・・・。



~新井復帰は好材料!~

新井がついに戻ってきた!!
しかも、この大チャンスに代打起用され、そしていきなりライト前へしっかりとタイムリーを打ったのは、かなり大きな収穫!

ただベンチに置いて、「金本の元気を出させる係」でおるだけかと思ってたのにww

これでスタメンで出れるくらいまで来れば、やっと鳥谷のフラフラ5番から解放され、春の6番での鳥谷が復活するわけやし。



さらに矢野も押し出しで2点差とし、尚も1死満塁の大チャンス!!

が、代わった山口に葛城・赤星が連続三振。

山口はほんとにすごいな。
この場面でも全く動じず、簡単にピンチを脱すれば、7回に平野にいきなりヒットを打たれようが、今岡・金本・鳥谷を完全に封じ込める、敵ながらあっぱれのピッチングだった。

もう新人王は確定でしょうな。



とか言ってる間に、7回以降は完全に打線が沈黙してまた同率首位。

またここから負けれない試合が続くなぁ・・・・・・。

しかも、今日は阪神の試合がなく、巨人はナゴヤで試合がある。
もし巨人が勝てば、巨人が単独首位になり、これは少しやばい。

まー、逆に考えれば、中日が勝って阪神が単独首位になるという可能性もあるのだが。

とにかく中日さん頑張ってくれ!
3位争いもしているので、そうは簡単に負けはしないだろうし。

明日勝って一気に決めてやれ!!

昨日は巨人が負け、阪神が勝って、阪神がまたも単独首位!!

グライシンガーの高めの失投を完璧な逆転3ランとした栗原、そして力投した赤いハンカチ王子、8回を見事に抑えた梅津最後ガッツ・ラミレスをもの凄い落差のフォークで三振に仕留め、続くスンヨプも打ち取った永川、本当にありがとう!!

もう阪神戦と巨人戦を、交互に見てましたが、広島も相手がグライシンガーで、いきなり2点を取られようが、必死に食らいつき、そして巨人の連勝を止めたのはあっぱれ!

巨人もここに来て、連勝中の打線大爆発で大差で楽勝。というパターンから、競合いの試合になるようになってきた。

となれば、ずっと競合いの試合を戦い続けてきた阪神の方が、こういう試合では有利なはず。
しかも明日は甲子園からで、そう簡単にホームランも出ないだろう。
前回ドームで打たれたアッチソン・ジェフら中継ぎ陣も、甲子園からとなれば全然違うと思うしね。

今岡が昨日も、4回裏に終わってみれば決勝点という貴重な2死満塁での走者一掃のタイムリー2ベースで、打点王のころの風格も徐々に戻りつつある。

昨日なんか、2アウトから安藤自らのタイムリーで口火を切り、赤星つないで平野タイムリー⇒今岡とどめ。と、春のころの得点パターンが復活し、ここに来て阪神らしい戦い方ができるようになっているのも、かなりの好材料。

ただ、安藤が5点の援護もありながら、5回・6回にぶんぶん振ってくるハマ打線につかまり、3点を失って6回で降板したのは今後も課題。

とにかくどんな形でも勝てばいいとは言え、ほぼ毎試合投げているアッチソンは休ませてあげたいし、エースになるのなら、こういう試合でこそ7回・8回は投げてもらわないと困るわけで。

まー残り10試合なので、なんとかリリーフ陣頑張ってくれ!

» 続きを読む

どんどん振れ!!!!

あさってがいよいよ甲子園での直接対決!!
今日は安藤とグライシンガーが先発しているから、恐らく明日は岩田と内海の両左腕での投げ合いとなるでしょう。

岩田は前回5回に急に打ち込まれたものの、巨人の打線もあの3連戦の爆発的な勢いに比べれば、少しずつ落ち着いてきていると思うので、巨人キラーだという自覚を持ち、自信を持ってバシバシ投げていけば大丈夫でしょ!!

打線も内海をとにかく打つのみ!!
金本の調子が下降気味ですが、そこはなんとか今岡・鳥谷でカバーを!
昨日の試合を見ると、前日の引き分けゲームの鈍いスイングから、本来の力強い思い切ったスイングができていたので、上昇してきていると思うし^^

特に葛城・関本のスイングはいい感じだね。

今岡のホームランも、その前のファールでインコースの球をレフトにあわやホームランというあたりで、打ち直しの4球目、外角よりの低めの球を、今岡本来のセンター方向を意識したバッティングで、低い弾道でバックスクリーンに放ち、スイング自体も全盛期のころの、軽く振ったように見えてホームランという奴が、このホームランでもそうであり、大分本来の状態に近づきつつあると思う。


恐らく今日も阪神・巨人共に勝つと思うので、あさっての勝者がこのペナントの覇者となると言っても過言ではないでしょう。

とにかく投手の交代も早め早めで行き、総力戦で挑むのみ!!
岩田3回-渡辺、江草で4回、5回-アッチソン6回、7回-ジェフ、久保田(ここが一番心配だが・・・)で8回-最後は藤川で、十分でしょ!

延長戦は考えないで、どんどん行ったらいいと思う。
万が一延長戦になっても、阿部・福原がなんとかしてくれるでしょ!

もう悔いの残らないよう、全力で頑張れ!!

プロ野球的にはこっちの方が面白いでしょ?

まー、この3連敗は仕方ないんじゃないの?

そりゃ3試合で8本もホームランを打たれ、アッチソンまでもが打たれてしまったら、もう「参りました」の一言ですわ。

まー、初戦の安藤のピッチングは最悪だったが・・・・・。
エースになろうという男が、まともにストライクも取れず、2アウトから2者連続フォアボール⇒2点タイムリーなんぞ、エースには到底なれませんな。

2戦目の下柳は、ストライクが入らなくて苦しむのではなく、真ん中に全部球が行ってしまうという、下柳の年に数回ある奴がこの大一番で来てしまった。

しかも、下柳の球は所詮130キロほどの緩い球で、こんな球でなぜ通用していたかというと、言うまでもないが、低めにしっかりとコントロールされていたから。

だが、この球が真ん中や高めにでも行って、しかも相手が絶好調巨人打線に東京ドームであれば、もはやバッティング投手となってしまうわけで・・・・・・。

まー、それを簡単にホームランにしてしまう巨人も、相当な調子の良さだが。


そして、昨日は金本がいきなり2打席連続でホームランを放ち、「まー今日は阪神が勝つようになってるんだから」とか思っていれば、5回に岩田がまさかの大炎上・・・・・・。

岩田が悪すぎるのもあったが、この回先頭のスンヨプに2ベースを打たれた後の、野口のパスボールというのが、巨人に流れを一気に渡してしまった気がする。

こういう試合は、一つのささいなミスが命取り。
はっきり言って、野口のあのパスボールは信じられない。 
インコースの普通のスライダーを、簡単に後ろに逸らすとか・・・・。

そもそも、野口はいつもマスクをかぶると、4回・5回の大事な回に、横着をして捕りに行こうとし、結果それが無駄なパスボールとなり、直後にタイムリーを打たれるというのがよくある。

もちろん野口がキャッチャー=投手は岩田。
岩田としては、いつもいつも止めれる球を、後ろに簡単に逸らされてしまい、こんな事が毎試合のようにあると、投げてるほうとしてはいくら相手が先輩でも、人間であれば心のどこかに必ず何か思っていることがあるだろう。

だからこそ、野口もリードでいっぱいいっぱいなとこもあると思うが、もう少しそういったとこでも頑張ってほしい。



5回は岩田が逆転された後も、渡辺・江草・アッチソンと、一気に勝負をかけた。
巨人も、上原に代えて代打大道、キムタクに代えて代打高橋と、こちらもこの回に懸けるような、年に1回あるかどうかの、もの凄いイニングだった。

しかし、結果は空しく8失点、、、、、

最後のスンヨプの一撃は、もう言葉を失ってしまった。

ちまちま点を重ねていき、ランナーが貯まっての一発というのは、勝負がそれで決まるわけで、もうやられたほうとしては意気消沈となってしまう。

この3連戦では、本当にホームランの恐ろしさを味わった。

つなぎの阪神も、結局金本の周りの3番・5番が機能せず、クリーンナップが完璧に機能した巨人との差は、ここにあったと思う。

昨日なんか、金本の2ホーマーがいずれもソロとか、巨人側としてはそこまでダメージはなかっただろう。
いつも阪神の言っている、「ホームランもソロならOK」というのが、全く逆のパターンとなってしまったからね。

今岡が1度でもつないでいれば、また違った展開にもなっていただろうし。
やっぱり新井がいないのは痛いな・・・・・・。

鳥谷も波がありすぎて、5番を打つにはまだまだという感じ。

とはいえ、代わりがいないのだから、残り試合をこのオーダーでなんとか頑張ってもらうしかないのだが。

それに、まだ巨人と並んだわけで、抜かされてはいない。

巨人のほうが確かにチーム状況はいいが、阪神も負けなければ1位のままだということ。

選手も追われる恐怖感と緊張感がなくなり、また気持ちを切り替えて、思いっきりプレーもできると思うし。

だからこそ、最後までこの混戦状況を、ハラハラドキドキしながら応援するのが一番!
とりあえず、横浜4連戦を、1戦1戦戦うべし!

阪神優勝を決定づけるか、最後の最後までペナントを盛り上げるか

さてさてさて、もうすぐ巨人との試合が始まりますな。

プロ野球ファン減少とか言われてる中、こういった3連戦は非常に盛り上がるのでは?

特に巨人ファンなんかは最強に盛り上がってるだろう。
なんたって、巨人がここで3連勝でもするならば、阪神と並ぶのだから。

しかも、巨人はこの9連戦を7勝2敗で終え、しかも7連勝中と、チーム状態は最高だろう。

そして、阪神は甲子園で貧打に苦しみ、チーム状況は悪いと思われている。
それでも、この9連戦を結局6勝3敗で乗り切り、これだけ巨人が勝っても、9試合でたった1ゲームしか縮まっていないのは、かなりよく頑張ったと思う。

なんと言っても、甲子園であれだけ苦しんだ打線が、ナゴヤドームでは、みんなの振りも良くなり、長打も多く、かなり復調!

相性のいい中日+意外と相性のいいドームでの試合となると、まるで別人のようにみんなが打ちまくったね。

やっぱり、甲子園ではホームランが出ないが、ドームではホームランが出る。という気持ちがあるため、ホームラン狙いの思い切ったスイングができ、どんどんいい方向へと進んでいっている。

なので東京ドームなら、相手がグライシンガーや内海だろうが、まだまだわからないね。

ただ、空中戦となると少し厳しいとこもあるが、阪神のリリーフ陣からは、ヤクルト・横浜みたいに、簡単にHRは打てないだろう。

さらに、投げればほぼ100%打たれる久保田が2軍にいるので、そこが正直一番安心しているw

久保田の東京ドームでの被弾を、毎年何本見たことか^^;

まー、なんとか6回までにリードをして、AJFで逃げ切るのが理想だが、そう簡単には行かないだろうね。

なんにせよ、阪神はとりあえず1勝2敗でも、その後5割ペースで行けば優勝は出来るので、かなり余裕を持っていけるだろう。

起爆剤


今岡に変態バッティングが戻ってきたww

2打席目のエンドラン、外角に外れたボール球を、今岡お得意の悪球打ちが目覚め、上手くちょこんと当ててライト前に落とす。

そして3打席目、3対1とし、行け行けムードの中、カウント2-2からの高めのボール球。
これを強振し、打球はレフトスタンドへ飛び込む、貴重な2ランアーチ!!

これらのボール球をヒットにできるようになったのは、大分本来の姿に近づいてきたのではないか?

全盛期の時は、顔面に来た球をタイムリーヒットにしたこともある男。

今岡=岩鬼の打撃+ストライクも打てる打者、なのだからww



今岡と共に、打のヒーローとなったのはミッチャンやね。

もう2回に打った特大ホームランは凄かったし、これでかなり久々に初回と9回以外の得点で、おかげでチームの雰囲気も良くなり、5回までに7得点と、見違えるほど打ちまくったね。

そして02年以来の猛打賞となり、本当に古巣中日相手には、もの凄い相性の良さを誇っている。

このホームランが無ければ、またチームも重苦しい雰囲気のまま、得点することなく試合を終えていた可能性もあるわけで、かなり大きな一撃だった。



打線がこれだけ打てば、後は岩田が7回くらいまで、スーッと行って、8回・9回は渡辺、江草あたりで楽勝!といってほしいのだが、やっぱり簡単にそうは行かない。

岩田が5回に先頭のビョンギュに2ベースヒットを打たれる。
そして続くデラロサにもセンター前へ打たれ、無死1・3塁。

が、ここでとても珍しいプレーが。
なんと2塁ランナーのビョンギュが、ホームへ行こうとするのを、笘篠三塁ベースコーチが手で制止してしまい、「肉体的援助」でビョンギュがアウトという珍プレー!

これで無死1・3塁が、1死1塁となり、阪神側としてはかなり助かった。

しかしこれでも岩田が立ち直れない・・・・・。
2アウト後、代打小池に、真ん中高めの甘い球をレフトスタンドへ運ばれて7対3に。

6回裏も続投した岩田だが、藤井、森野に連打を許し、無死1・3塁となってここで降板。

そして驚いたのは、ここでピッチャーを普段であれば渡辺というとこを、アッチソンを起用してきた。

岡田監督も、もう勝ち試合は絶対に落とせないし、いくら4点差とはいえ、ノーアウトで1・3塁で集中打のあるドラゴンズ打線を考えれば、ここで調子の悪い渡辺を下手に出すより、安定しているアッチソンの方に期待したのだろう。 
そして、アッチソンのスタミナなら7回までは計算でき、8回には復帰したジェフもいるので、すんなりと使えたのもあると思う。

そして、その期待に応えるアッチソン。
ウッズを1球で併殺打に仕留め、この回を最少失点で切り抜けた。

さらに7回もビョンギュにヒットを許すも、田中を併殺打にし、1回と3分の1をたったの11球で、あっという間に終わらせてくれた。

もう本当にアッチソンの投球には恐れ入ります。



この後は、ジェフ、球児が3人ずつで抑え、7対4で新勝利の方程式「JAF」での勝利!!

岩田がもっと投げなくてはいけない試合だったものの、久々の快勝でしたね。

やっぱり相性の良いチームが相手なら、こうも変わる物なのかと思いました。

» 続きを読む

40歳トリオが魅せた!!!! 

なんというか、甲子園はサヨナラ勝ち以外で勝てる気がしない^^;

昨日はもう、20歳マエケンと、40歳下柳の凄い投手戦だった。


すっかり阪神キラーと化したマエケンは、とても高卒2年目の投手に見えない。
カウントが少々悪くなろうが、持ち前のコントロールの良さが光り、コーナーの厳しいとこに、ポンポンと簡単にストライクを入れ、一気に追い込み打ち取る。

真ん中に来る球なんか、全くと言っていいほどなく、低めにどんどんキレのいい変化球、速い真っ直ぐを放り、阪神打線を8回まで手玉にとった。



一方の、ベテラン40歳下柳は、序盤はコントロールが定まらず、ボール球も多くなり、かなり調子が悪そうに見えた。

それでも序盤のピンチを脱し、4回からは本来の姿に戻り、7回まで危なげないピッチングで、打線の援護が無くとも0点で抑え込んだ。



まず始めに継投に出たのは阪神。
8回に3分クッキング男アッチソンを投入。

東出にヒットを許し、2アウト1塁となるも、矢野がここで盗塁を試みた東出を刺し、この回も0点に抑える。

ただ、打者の栗原も2ストライクと追い込んでいたし、ここで栗原で3アウト目を取って、チェンジにしたかったのだが、広島ベンチも、東出がアウトになっても次はまた栗原から始まる、というとこで走らせただろう。

すると9回表、その栗原がショートへ強烈な打球を放ち、鳥谷のエラーを誘って先頭打者を塁に出してしまう。

そして、続く嶋に、インコースの球を詰まらせるも、これが不運にレフト前にポテンというあたり。

解説をしていた福本はんも、「あー、こりゃポテンやわー」と言っていた。

が、なんとこれを金本がダイビングキャッチ!!!!!!

凄い、凄すぎる!!!
少し打球方向を間違えたものの、手を思いっきり伸ばしてのキャッチ!!!

本当にこれは凄かった。

もしこれが落ちていれば、ノーアウト1・2塁となっていて、もしかしたらこの回失点して負けていたかもしれない。
この試合を救った大ファインプレーですね。本当に。



これで流れが阪神に来たかと思った。
ところが、アッチソンが石原を追い込みながらも、真ん中にカーブが甘く入ってしまい、センター前にはじき返されて、1塁ランナーもエンドランで一気にサードへ。

ちょっとこれは予想外で、1アウト1・3塁と、外野フライで終わりという大ピンチ。

しかも、バッターは何でもできる小窪に、サードランナーを栗原に代えて梵を代走に起用。

これは何かありそうという感じだったが、小窪を何とか追い込み、これでスクイズはなくなって、結局ライトへの浅いフライで2アウト!

それでも広島ベンチは、ここで代打に前田智ではなく、あえて前日にもHRを放ち、阪神戦ではもの凄い相性の良さを誇る、喜田剛を起用してきた。

やはり打たれた印象も強いせいか、ストライクが入らず0-3に。
なんとか次はストライクをとり、1-3。

大事な次の球は、前日ホームランを打ったときと同じような高めのボール球だが、ホームランを打ったときよりも、もう少し高めの球。

これを喜田が打ち、力のないライトフライに仕留め、アッチソンがこの大ピンチを0点で抑えます!!

これはもうあのコースに投げさせた矢野が凄いね。
まだまだ若造喜田と、ベテラン矢野の差ですな。



試合は結局0対0で延長戦。

10回表を、猛打賞赤松を球児が牽制で殺すなど、3人で片付け、10回裏の攻撃に臨みます。

すると、梅津から先頭の葛城が、ライト前へヒットを放ちノーアウトのランナーを出すと、ここで代打に右ひじの腫れている関本。

ところが、バントがピッチャー真正面となり、葛城も悠々アウトで送りバント失敗。

それでも、関本の全力疾走で1塁になんとか生きたのが、矢野のサヨナラ打を生み出したのだから、ゲッツーにならなかったのはとても大きかった。



    ~ベテラン矢野~

もう凄いね、矢野は、本当に。

梅津の甘く入った球を、甲子園以外ならHRという特大のあたりを、レフトフェンスへ放ち、関本も一気にホームインした。

関本も、バント失敗で「しまった」と思ってる中で、この一打は関本も大きく助けたし、チームも助けた。

サヨナラを決めたときに、真っ先に出てきた下柳が矢野を追いかけるとこを見ると、まるでお花畑にいるカップルみたいでしたよwww

本当にこの40歳トリオは凄い。

» 続きを読む

大空に~むか~って炎と燃やせ、虎にな~れ~♪



神が降りてきたww



もうこれは凄すぎる!!

3試合連続初回得点、2回~8回得点無しで、9回にサヨナラとか^^;

昨日の試合なんか、もはや神がかりでしょ。

言ってはなんだが、ヤクルトに2勝して余裕が出来、リーソップを初先発に起用して、今岡を即3番起用、そして7回には能見を投入し、ストライクすら入らず、失点するまで続投させたのを見ると、ほぼ捨てゲームに見えた。

が、この捨てゲームすら、白星にしてしまうのは本当に恐ろしすぎる。

今岡も、6時から自宅で誕生日パーティーをしているはずが、前夜の関本の3死球での打撲により、1軍昇格という、これでも奇跡に近い。

そして、早速予想外の3番サードスタメンで、ここで満足せず、1打席目でいきなり同点2ランを左中間に完璧な打球を叩き込んだのには、もう鳥肌が立ちました。

最後もバットを1度も振ることなく、前夜に続く押し出しによる、サヨナラフォアボール!!

ストレス等の影響で、頭が段々薄くなってきている今岡が、これで胴上げにも参加できますね。



もちろん今岡だけでなく、桧山・葛城・矢野の連続長打もかなり大きかった!!

もう黒星目前で、しかも相手が全く打てそうにないイムという中、先頭の桧山の2ベースで、大きく流れを変えてくれました!

バットの出が良くなってきている絶好調葛城も、あわやHRという特大のあたり!

そして、矢野の執念の同点打!!

もう言葉にできない凄さです。
この勢いで、今日からの広島戦も勝ち越しで!!

» 続きを読む

Page Top

LET'S GET RETARDED(藤本選手登場曲)
プロフィール

コロン

Author:コロン
寮生活は、TV・PCがなくても意外にやっていけるw
まー勉強時間があれだけあれば気も紛れるか^^;

カウンター
時計
Weekly Chart
Blog Pet
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。