1. Top » 
  2. 2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

久々のスキルアップに挑戦!!

前に、T林・D小山をスキルアップして、連続で守備固め1がついた、運の悪すぎるスキルアップに挑戦しました!

FPはあまり消費したくなかったので、1000FPで収まる、中日の捕手前田(WP25)にスキルアップしてもらうことに。

盗塁阻止・リード系スキルを期待!!
結果は・・・・・


          気合2!!

初めてのレベル2のスキルがつきました。
効果は、打者のWPが相手投手より30以上低いときに発動し、ミート・パワー・バント・走力が、それぞれ+5されます。
ということは、WP60以上の投手が対象となりますね。
まー、微妙な能力ですが、 とりあえず、全く使えないスキルがつかなかったのはよかった^^;
今後にも期待ですね。
スポンサーサイト
  • Genre:

渡辺俊介デビュー!

今日は、ルーキー6回を終えたので、オープン戦やCOM戦をゆったりとしました。
今朝当てた、渡辺俊介をデビューさせ、レベル30の方相手に5回2失点(勝敗つかず)と、失点はまずまずとして、ヒットを結構打たれましたね。もう少し慣れないと駄目ですね。 試合のほうは、土壇場の6回表にズレータの同点ツーランで渡辺俊の負けを消し、ふりだしに戻したんですが、最後に平井がサヨナラ打を打たれて負けました。

その後2時間くらい、sssさんと試合をしました。
かなり上手で、全く打てず三振の山でした。
ほんとに強かったですね。 長時間ありがとうございました^^
  • Genre:

北海道日本ハムファイターズ、球団初の2年連続リーグ制覇!!

北海道日本ハムファイターズが、優勝マジック2で迎えた昨日(29日)の対ロッテ戦(千葉マリンスタジアム)で9対1でロッテを下し、球団初となる2年連続リーグ優勝をしました!!
おめでとうございます!!!

去年の勢いを、そのままもってきましたね。
それにしても、オフに新庄・ガッツ・岡島の主力選手が一気に抜け、今年は5位・6位の可能性も、と言われていたのですが、若手選手が成長し、まさしく全員野球でその穴を埋めました。

そして、リーグ最少得点での優勝は史上初。
これで優勝できたわけは、なんといっても投手陣の踏ん張りですね。
去年から一層成長したエースダルビッシュ有は、リーグ防御率2位・勝数も15勝でリーグ3位・奪三振は文句なしの1位と、完璧な成績でチームを引っ張りました。 そして投球回数も200を越え、リーグ最多の12完投もチームを大きく救いました。

今年からチームに加入したグリンは、交流戦で6戦5勝で、交流戦MVPを獲得し、その後もチームに貢献して現在防御率はダルビッシュに継いで3位と好成績を残しています。

他にも武田勝、スウィーニー、高卒新人の吉川など、先発陣の活躍が光りました。 
ここで驚くのが、なんと先発投手が5回までに降板した回数が、140試合以上しながら、24回しかないということです。
阪神の先発投手と大きな差ですね。

そして、リーグ最少得点で優勝できたのも、やはり先発のあとに投げるリリーフ陣の踏ん張りがあったからです。武田久・MICHEALを中心としチームの勝利に大きく貢献しました。

とりあえず、リーグ制覇が無駄にならないよう、CSも勝ち、日本シリーズ進出頑張ってほしいですね。
  • Genre:

高橋由伸来ましたーー!!!

ルーレットが調子がいいので、このままスロットに2000FPを投入!!

WP55
・G高橋由

WP45
・T渡辺

WP35
・Yb北川(4枚目)

という結果でした。
選手は3枚しか当たらなかったのですが、高橋由伸が当たったのが良かったです。 まー、コスパがあまりよくないと思いますが、夢の夢の巨人純正に一歩近づきました。

阪神の渡辺は、ついこの前追加された選手なので、いきなり手に入るとは思いませんでした。
  • Genre:

WP50選手2枚GET!!!

今日は早朝にファミスタを開始。
まずブロンズチケットが5枚あったので、全部投入!!
結果は・・・・・

WP50
・M渡辺俊
・T濱中

WP45
・D中村紀(ダブり)

WP35
・C石原
・Bs平下

という結果になりました。
今まで銅チケはダブりや低WP選手ばかり当たってたのですが、まさかWP50の選手が一気に2人も手に入るとはねぇ

渡辺俊は、1度使ってみたい選手だったので、当たってよかったです。
濱中は、たぶん阪神純正でも組まない限り使わないと思いますが、阪神の選手が増えたのでよかったです。
後、未所持なのが野手では金本・鳥谷・赤星・シーツ・藤本くらいですね。

石原も、広島純正に近づきました。

  • Genre:

ルーキー6回の成績

第21回ルーキーリーグ6回の成績は次の通り。

12勝7敗1分
勝率0.631
得点58
失点32
打率0.336
防御率2.39
安打166
本塁打6
盗塁5
奪三振80
サヨナラ勝2

個人成績
○野手(本塁打数)
・リグス3本
・片岡2本
・井端1本

○投手成績
・安藤3勝0敗
・朝倉3勝1敗
・清水直2勝1敗
・ダグラス1勝0敗
・神内1勝0敗
・岩隈1勝1敗
・石井一0勝1敗
・平井0勝1敗
・永川0勝1敗
・梅津0勝1敗
・藤川1勝0敗2セーブ



やはり、守備重視のデッキなので、得点力がかなり低いです。
でも、その守備に何度も助けられ、そのおかげで防御率もそこそこよくなりました。


  • Genre:

安藤好投でルーキー6回終了

ルーキー6回

最終戦はレベル27の方が相手。
こちらは安藤、相手は疲れている藤川が先発。

疲れている藤川が先発で、またなまけるのかなー、と思ってたのですが、守備も打撃も投球も真面目にするので、なんかよくわからない相手。

まー、いくら球児とはいえ、疲れているので打線爆発!!の予定でしたが、打球がまったく飛ばず、2回まで無得点。

それでも3回裏に、井端がツーランHRを放ち先制します。

一方の安藤は、5回を完璧なピッチングで抑え込みます。
最後は球児様が締めて、2対0で最終戦は勝利!!!

勝ち投手:安藤3勝0敗
セーブ:藤川1勝0敗2セーブ
ホームラン:井端1号
  • Genre:

アレックスのサヨナラ犠飛!!!

ルーキー6回

18戦目の相手はレベル10の方。
こちらは清水直、相手は今季限りで引退をする佐々岡が先発。

序盤は、佐々岡に左右に曲げる投球に苦しみ、得点できません。
こちらの清水もほぼ完璧な投球で無失点に抑えます。

そして4回裏、野球くんのタイムリーでついに先制!!

このまま6回表に入ります。
ところが完封目前だった清水が、ここにきてつかまり2死満塁のピンチを招きます。
そして宮出に同点タイムリーを浴び、試合は土壇場でふりだしに。

それでも6回裏、1死2・3塁の1打サヨナラのチャンスをつくると、ここで4番アレックスがセンターに犠牲フライを打ち、2対1でサヨナラ勝ち!!!

とりあえず勝ててよかった^^
佐々岡は、僕もオープン戦で使ってみようかな。捕手で引退する古田とバッテリーで組んでもおもしろい?

勝ち投手:清水直2勝1敗



19戦目は、相手がなまけていたので1回11対0のコールド勝ち。
防御率を下げたかったけどなぁ・・・・・・

勝ち投手:朝倉3勝1敗
  • Genre:

赤星憲広の体内


体内メーカー


やっぱり疲れがたまってますねw
  • Genre:

ダグラス完封!!!球児様はゆっくりお休みください

ルーキー6回

17戦目の相手はレベル14の方。
こちらは前回勝ちこそ付かなかったものも、7回2失点と好投をしたダグラス、相手は安藤が先発。
前の試合で、球児様が疲れていたので控え投手には、G林とYsゴンザレスを入れることに。

こちらの打線は、安藤のフォークに手こずり3回まで無得点。
一方、こちらのダグラスは、球威Bが役に立ち、打たせて取るピッチングで4回まで無失点に抑えます。

すると4回裏、2死2塁のチャンスをつくると、5番片岡のタイムリーで欲しい先制点が入ります。

この後も、ダグラスはリズムを崩すことなく1対0の完封勝利!!

ここでの完封はかなり大きいと思います。

勝ち投手:ダグラス1勝0敗
  • Genre:

総力戦!!!!

ルーキー6回

16戦目の相手はレベル24の方。
こちらは岩隈、相手はダグラスが先発。

自分の中で、絶対に負けられないこの試合は、いつも以上に気合が入ります。

しかし、1回裏にいきなり井端に先制のタイムリーを打たれてしまいます。
それでも3回表、2死2・3塁のチャンスで、3番リグスがセンター前に逆転のタイムリーを放ち2対1に!!

ところが4回裏、1死満塁のピンチを招くと、TSUYOSHIにレフト前に同点打を打たれて試合はふりだしに。
ここで岩隈がバテたので、神内にチェンジ。初登板で、しかも1死満塁の1打出ればほぼゲームが決まってしまうという中で多少の不安も。

なんとか井端を抑えて、2アウト満塁に。
しかし続く多村に右中間をやぶられ、2対4と勝ち越しを許してしまいます。

これでゲームは決まったと思いました。

しかししかし、5回表に2アウトながらも、満塁のチャンスをつくり、バッターは4番のアレックス!

そして見事に右中間をやぶる、走者一掃のタイムリーで、5対4と試合を一気にひっくり返します!!

こうなれば、なにがあっても逃げきるのみ!!
5回裏、6回裏を球児様に任せます!!
そして、阿部・カブレラ・ガッツ・TSUYOSHIら打者6人を、パーフェクトに抑えて、5対4で逆転勝ち!!!

かなり疲れました。 これぞまさしく総力戦!?!?
ただ、球児様が赤になったので2試合は球児様ぬきでの試合となります。 球児様の代役は誰にしようかな。

勝ち投手:神内1勝0敗
セーブ:藤川1勝0敗1セーブ

  • Genre:

やはりエース級の投手が打てない・・・・・

ルーキー6回

昨日はファミスタをお休みし、1日空いての試合。

15戦目の相手はレベル27の方。
こちらは朝倉SP、相手は川上が先発。 最近、やけにエース級の投手とよく対戦してるような気がするのは気のせいなのか。

昨日の、メンテナンスで、いろいろと新しい機能がついてました。
いつもよりも、わくわくしながら試合をスタート。

ところが初回に、いきなり福留に先頭打者HRを打たれてしまう嫌なスタート。

こちらの貧打線は、やはり川上を打つことができません。
4回表にも稲葉にHRを打たれて0対2。

結局このまま6回裏に突入します。
1番からの打順もあっさり2人倒れて2死ランナー無しまで追い込まれます。 
それでも3番リグスがソロアーチを放ち、1対2に。

しかし4番アレックスがセカンドゴロでゲームセット。

15試合を終えて、7勝7敗1分と、かなり苦戦している状況。

負け投手:朝倉2勝1敗
ホームラン:リグス3号
  • Genre:

バリーボンズの体内


体内メーカー
  • Genre:

好投清水を見殺し

ルーキー6回

14戦目の相手はレベル26の方。
こちらは前回初登板で完封をした清水直行、相手は内海SPが先発。

2回まで、お互い完璧な投球で序盤は0対0。
しかし3回裏、1死2塁のピンチで、バッターはピノ。

セフティバントを狙いにくるも、1塁でなんとかアウトにし、2死3塁に。
ところがこのとき、2塁ランナーをスタートさせていた相手は、2塁からあっという間にホームまで来ます。
ここで落ち着いて、バックホームしていれば、きっとアウトだったのですが、予想外のことであせってしまい、3塁に送球してしまいます。
これにより、先制を許してしまいます。

それでも清水は、5回を投げてこの1点のみに抑えます。

しかし打線が、内海の前に三振を9個もとられ、いいとこなしで0対1の完封負け。

まー、守備重視で組んでいるこちらに好投手がきたら、なかなか打てませんね。

負け投手:清水直1勝1敗
  • Genre:

球児、初被本塁打も勝利!!

ルーキー6回

13戦目の相手はレベル9の方。
こちらは安藤、相手は現在熱愛中の川島が先発。

まず2回表、野球くん・古城のタイムリーで2点を先制します。
その裏に、1点を返されるも、4回表に1点を追加し、再び2点差に。

こちらの安藤は、4回まで7安打されるも、要所を締めて1点で抑えます。
こうなれば勝利の方程式である、平井・球児のリレーに託します。

まず5回裏、平井がきっちり抑えて役目を果たします。

そして6回表、代打サル吉の2点タイムリーで5対1と、球児様には十分な点差をつけ、6回裏に球児様を投入。

しかし、高橋信二に、球児初の被本塁打となるソロHRを打たれてしまいます。 それでもこの1点に抑え、5対2で勝利!!!

勝ち投手:安藤2勝0敗
  • Genre:

痛いサヨナラ負け

ルーキー6回

12戦目の相手はレベル24の方。
こちらは岩隈、相手は八木が先発。

1日空いてのファミスタは、2回裏にピッチャーの八木に先制のタイムリーを打たれてのスタート。

打線は、八木をまったく打てず、4回まで8個の三振をとられ、ヒットはわずかに1本。

しかし5回表、八木を攻め立てて1死満塁の大チャンス!!
ここで相手の八木がバテて、木塚06に交代。
こちらは4回1失点の岩隈に代えて、代打サル吉。

見事にレフトへ同点タイムリーを打ちます。
しかし続く井端が併殺打で同点どまり。

とりあえず、同点となったので5回・6回は平井に任せることに。
期待に応え、2イニングをピシャリと抑えて延長戦に突入します。

しかし7回裏、この回から球児様に交代する予定だったのですが、間違えて平井に投げさせてしまいます。
するとその初球、先頭の新井にサヨナラ弾を献上。

間違えて投球したときの相手打者が悪かったww 

負け投手:平井0勝1敗
  • Genre:

阪神泥沼6連敗・・・・・・。球児また打たれた

久々に阪神の話題に触れたいと思います。

早速ですが速報!!
阪神6連敗です!!!(えっ・・・・・・

初回に阪神先制⇒下柳が内川に逆転HR打たれ、さらに佐伯にもHR打たれて1対3と逆転される⇒8回表に阪神1点返す⇒9回表に無死満塁の同点、又は逆転のチャンスをつくり、鳥谷同点犠飛。⇒尚も2死満塁とするも、金本三振で3対3のまま延長戦に⇒9回裏から登板していた藤川が10回裏も続投⇒しかし1死1・2塁から、吉村にサヨナラ打を打たれて泥沼の6連敗。

ていう感じでした。
藤川が、2日連続で打たれた・・・・・・。 

まー、そもそもここまで中継ぎが力尽きている原因は、先発に原因大!! 
今日の下柳は、6回を投げたものの、それ以外の投手全員は5回すらもちません。 そのため、中継ぎ投手が序盤から登板し、その疲れが出た結果が今の通りです。

それから、打線が貧打すぎです。 
チャンスで打てない。又はダメ押し点、追加点がなく、結局JFKが登板することになり、疲れとプレッシャーに押し負けて、昨日・今日の球児みたいになってしまいます。

大体、5イニング以上投げてくれるまともな先発が、下柳と安藤しかいない地点で、クライマックスシリーズで投げる先発が足りません。

先発5回投げれない&中継ぎ全員打たれる&打てない
というままシーズンを終われば、相手の巨人・中日のチーム状況がかなりいいだけに、間違いなくクライマックスシリーズは負けますね。

3位で終わってもいいので、せめて最後のクライマックスシリーズは盛り上げて欲しいです。

まー、足りない先発は、最終兵器の福原に期待するしかないですよ。
  • Genre:

打線が奮起!!

ルーキー6回

11戦目の相手はレベル11の方。
こちらはエース朝倉SP、相手は西口が先発。

この試合は、初回から打線が奮起します。
まず、井端ヒット⇒英智送りバント⇒リグス2ベースタイムリー⇒アレックスタイムリーで、理想的な形で2点を先制します。

その裏に、相手1番の今岡に初球先頭打者ホームランを打たれ、1点を返されるも、2回にも1点を加え、その後も3回に2点、4回に1点で、6対1とリードします。

朝倉は5回まで投げて、今岡のホームランによる1点のみに抑える好投をします。

そして最後は球児様が締めて6対1で勝利!!!

久々に打線が爆発した感じの試合でした。

勝ち投手:朝倉2勝0敗
  • Genre:

清水直行いきなり完封!!!

ルーキー6回

10戦目の相手はレベル18の方。
こちらは昨日手に入れたばかりの清水直行を先発マウンドに。
相手は大竹が先発。

まず2回裏、野球くんのタイムリーで先制します。
3回裏にもアレックス、片岡の連続タイムリーで3対0に。

こちらの初登板初先発の清水直行は、3回までパーフェクトピッチングと、文句なしの好投をします。

4回に、TSUYOSHIに初ヒットを打たれるも、結局最後まで投げきり、被安打5、7奪三振で3対0の完封勝利!!!

正直、清水がここまで好投してくれるとは思ってなかったです。
次の登板も楽しみになってきました。

勝ち投手:清水直1勝0敗
  • Genre:

清水直行GET!!!

14000FP貯まっていたので、7000FPを一気にパリーグスロットに投入しました。
結果は、

WP55
・M清水直

WP50
・L石井貴(ダブり)

WP45
・NコズモSP
・E渡邉恒

WP40
・Shニコースキー
・E有銘(ダブり)
・E林恩宇(ダブり)

WP35
・Sh星野
・M高木
・M渡辺正
・L石井義
・F川島
・F飯山
・F稲田(ダブり)

WP30
・F伊藤
・M代田
・E西村

WP25
・Sh吉本
・M佐藤
・Bs岡田
・E嶋

WP20
・F渡部
・E銀次

と、WPが低い選手が多かったですが、未所持の選手が結構あたりました。 
清水直行が大きな収穫ですね。
左変化10が弱点になりますが・・・・・。

代田もWP30で走力Bなので、代走要因としてかなり使えそうです。

それと、3回連続当たりが出て、最後も選手カードが出て、100FPで4枚の選手カードを手に入れることもできました^^
  • Genre:

ダグラス、斉藤和巳の投げあい

ルーキー6回

9戦目はレベル28の方が相手。
こちらはダグラスを久々に起用。相手は最多勝の斉藤和が先発。

まず3回表に、斉藤和からリグスが2ランを打ち、2点を先制します。

しかし、その裏に1点を返されると、5回裏には東出に同点タイムリーを打たれ、試合はふりだしに。

その後、ダグラス、斉藤和巳が8回まで力投をします。

そして、最後の攻撃となる、延長9回表も斉藤和巳に抑えられ、勝ちがなくなります。

それでも、9回裏は球児様が3人で抑えて2対2の引き分け。

ダグラスが思ったよりもよかったです。
ただ、相手の斉藤和に9回まで投げられたら打てませんね・・・・


ホームラン:リグス2号


  • Genre:

安藤好投!!

ルーキー6回

8戦目の相手はレベル9の方。
こちらは安藤、相手は姜建銘が先発。

まず初回に片岡のタイムリーで先制します。
2回にも1点を追加し、2対0に。

先発安藤は、5回まで被安打3無失点の好投!!

最後は球児様が抑えて、2対0の完封勝ち!!!


勝ち投手:安藤1勝0敗
  • Genre:

打線沈黙で完封負け

ルーキー6回

7戦目の相手はレベル7の方。
こちらは岩隈、相手は橋本(日ハム)が先発。

とりあえず、相手レベルが7というとこと、投手が橋本ということで、少し油断をしてしまいます。

そして初回、いきなり前田にタイムリーを打たれて先制されます。
とりあえず、岩隈は6回を投げ、この1点のみに抑えます。

しかし打線が沈黙し、0対1で完封負け。

なんか、あっという間に終わった試合でした。

負け投手:岩隈1勝1敗
  • Genre:

勝利の方程式で完封リレー!!!

ルーキー6回

6戦目はレベル18の方が相手。
こちらはエース朝倉SP、相手は最多奪三振の斉藤和が先発。

この試合も、序盤は投手戦になります。
こちらはピンチを招くも、粘りのピッチングで4回無失点。

打線は斉藤和に完璧に抑え込まれて、3回まで無得点。

しかし4回裏、こちらの打線が一気に爆発します!!
まず片岡の併殺くずれの間に1点を先制すると、その後井端・英智らのタイムリーで6対0とします。

そして、リードを奪ったこちらは5回表に平井、6回は球児様が抑えて6対0で完封勝ちです!!!

勝ち投手:朝倉1勝0敗
  • Genre:

石井一大炎上

ルーキー6回

5戦目の相手はレベル26の方。
こちらは石井一、相手はダグラスが先発。

まず、石井一が2回裏に1点を先制されると、3回裏には多村に3ランを打たれるなど5失点。 
その後も失点して、石井一は9失点ノックアウト。

打線も6回に1点を返すのがやっとで、1対9の大敗。

これで早くも3敗目。 
この試合で防御率の入賞も無理でしょうね。

負け投手:石井一0勝1敗
  • Genre:

痛恨の1球

ルーキー6回

4戦目はレベル27の方が相手。
こちらは杉山、相手は川上06(ピンチ3)が先発。

2試合連続の川上となり、また投手戦の予感。

しかし、2回表に杉山があっという間に3点を失います。

それでも3回裏、なんとリグスに同点3ランが出て、試合はふりだしに。

その後、杉山・川上の両投手とも6回を投げきり、3対3のまま今回も延長戦に入ります。

こちらは、7回表は、平井の代わりに控え投手として入れていた永川を登板。 見事3人で抑えます。

しかし8回表、失投を多村に見事にとらえられ、勝ち越しのホームランを打たれてしまいます。

その裏は、受付小町に上手くかわされて、結局3対4で敗戦。

勝てそうな試合だったんですけどね・・・・・・・

負け投手:永川0勝1敗
ホームラン:リグス1号
  • Genre:

延長9回の死闘は意外な結末に・・・・

ルーキー6回

3戦目の相手はレベル11の方。
こちらは安藤、相手は川上が先発。

予想通り、両投手の好投で3回まで0対0で進みます。

しかし4回表、安藤がつかまり、痛すぎる2点を失います。

それでも5回裏、先頭の8番村田が3ベースで出塁すると、続く代打メロン娘のタイムリーで1点差に迫ります!

ここで、相手はここまで全力投球をしていた川上が力尽き、浅尾に交代。

この後送りバントなどで2死2塁のチャンスをつくります。
そして、リグスが見事にタイムリーを打ち、ついに同点に!!!

こうなれば、6・7回は平井、8・9回は球児様が完璧に抑えて、結局2対2のまま最終回に。

負けのなくなったこちらは、先頭の6番野球くんが2塁打でサヨナラのチャンスをつくると、1アウト後、8番村田がしぶとくライトにはじき返し、1死1・3塁の絶好のサヨナラのチャンスをつくります。

ここで相手投手は、ここまで力投していた浅尾から辻内に交代。

こちらは代打を全員使い切ってしまっていたため、仕方なく球児を打席におくることに。
ここで、僕はいろいろと考えます。 球児に打たせると、併殺打で終わる可能性が高いため、球児には三振でアウトになってもらい、次の1番井端の1打に期待をする。 
それか、一か八か球児にヒットを期待して、打たせる。

そして、いろいろ考えている間にカウントは2-1に。
ここで、三振になるくらいなら、1塁ランナーだけでもとりあえず送っておこうと思い、バントをさせます。

すると、このバントの打球がいいところに転がり、3塁ランナーが生還して、3対2のサヨナラ勝ちで劇的な勝利をあげました!!!

それにしても、球児がここであんなにいいバントをするとは思ってもみませんでした。  

勝ち投手:藤川1勝0敗
  • Genre:

新オーダー機能!!片岡2ホーマー4打点に岩隈完封!!

ルーキー6回

前の試合で、中継ぎの層の薄さが原因で負けたので、中継ぎ強化と守備を強化するために、オーダーをかなり変えました。

1番(遊)井端
2番(中)英智
3番(一)リグス
4番(右)アレックス
5番(二)片岡
6番(左)野球くん
7番(三)古城
8番(捕)G村田

○控え野手
・サル吉
・メロン娘

○控え投手
・平井
・藤川
・WP40~50の先発投手

このオーダーでは、1番の井端出塁⇒2番英智送りバント⇒3・4・5番で得点。  という感じになりそうです。 ファーストには、王子を入れようとおもったのですが、そうなれば得点力があまりにも低くなりすぎるのでやめました。



新オーダーで臨んだ2戦目は、レベル9の方が相手。
こちらは岩隈、相手は正田が先発。

岩隈は、打たせてとる投球で3回までパーフェクトピッチングをします。
しかし、やはりこちらが全く打てず、3回まで0対0で進みます。

4回表にようやくリグス・アレックスが2連打でチャンスメイクすると、5番に置いていた片岡が、なんと3ランホームラン!!

6回表にまたしても片岡が、初の2打席連続ホームランを打ち、4対0に。
その裏も、岩隈が抑えて、4対0の完封勝利です!!!

それにしても、普段おとなしい片岡がここまで大暴れするとは・・・・。  

勝ち投手:岩隈1勝0敗
ホームラン:片岡1号・2号
  • Genre:

ダル様にまたしても打線沈黙

ルーキー6回

ファーム6回を終え、残り1週間でルーキー6回に参戦。
オーダーはいつも通りですが、一応紹介。

1番(三)リグス
2番(遊)井端
3番(中)多村
4番(一)ズレータ
5番(右)宮出
6番(左)磯部SP
7番(二)片岡
8番(捕)矢野

○控え野手
・サル吉
・メロン娘かピンク少佐

○控え投手
・WP30~40の先発投手
・梅津か永井か山北
・ポコタンヌ



開幕戦は、レベル26の方が相手。
こちらはエース朝倉SP、相手は苦手なダル様が先発。

やはり、ダル様にこちらの打線は沈黙状態になります。

こちらの朝倉は、3回まで無失点の好投。

しかし4回裏に、1死満塁のピンチで相手打者パックという大ピンチになります。
追い込んでから、4球粘られ苦しいピッチングになるも、なんとか併殺打に仕留め、最大の山場を乗り切ります。

5回裏からは、朝倉がバテたので、梅津に交代。
打者3人をしっかり抑えます。

こちらの打線は相変わらず、6回まで3安打しか打つことができません。

するとその裏、梅津が2連打を浴び、無死1・2塁のピンチを招くと、ここで正田に交代。

パックを三振に抑え、1アウトをとるも、続く多村にセンター前に打たれます。 ここで、2塁ランナーは3塁にストップしていたので1死満塁に。 しかし、このときセンターの多村がボールをはじき、この間に3塁でストップしていた2塁ランナーがホームイン。

開幕戦は、0対1のサヨナラ負けでのスタートとなりました。

それにしても、この前の宮出のエラーにしても、大事なところでのエラーは痛すぎます・・・・

負け投手:梅津0勝1敗
  • Genre:

第21回ファーム6回の結果

第21回のファーム6回の成績は次の通りに。

13勝7敗
勝率:0.650
得点:80
失点:33
打率:0.351
防御率:2.60(今回の表彰対象)
安打:169
本塁打:24
盗塁:1
奪三振:89
サヨナラ勝:1



個人成績

○野手成績(本塁打数)
・多村7本
・ズレータ6本
・リグス5本
・宮出4本
・磯部1本
・矢野1本

○投手成績
・安藤3勝0敗
・朝倉3勝2敗
・平井2勝0敗
・岩隈2勝3敗
・杉山1勝0敗
・石井一1勝1敗
・石川1勝1敗
・藤川0勝0敗3セーブ




前回のファームより、負けが1つ多くなる結果になりました。
この中で気になるのは、やっぱり得点数ですかね。 
投手陣はそこそこ頑張ってるんですがね・・・・・。

  • Genre:

Page Top

LET'S GET RETARDED(藤本選手登場曲)
プロフィール

コロン

Author:コロン
寮生活は、TV・PCがなくても意外にやっていけるw
まー勉強時間があれだけあれば気も紛れるか^^;

カウンター
時計
Weekly Chart
Blog Pet
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。