1. Top » 
  2. 2008年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

やっちまったなー

夏も終わり、寒くなってきた最近、風邪を引いてしまいました^^;
鼻が詰まると、体全体がだるくなるからえらいな・・・・・。

それはさておき、08①フルはあの後無事3連勝し、

08①フルの結果

打率も防御率も大して良くないのですが、やっぱり終盤のここ一番という場面で、貴重な一打がどんどん出たことが13勝2敗という成績に結びついたと思います。

10月もこの調子でいければいいですが・・・・・・。



この後、ついついスロを回してしまいました・・・・・・・。
4000FPほどやって、

ブンブンSP

二岡2枚目

モナ岡二岡2枚目かぁ・・・・・・・・( ̄С ̄;)

合成する気もないし。
まー、5万貯めて頑張ろうかな。

スポンサーサイト

キモティーー!!!

08リーグ①フル

ここまで08①フルを、10勝2敗と、久々にいい感じの成績。
そして、今日はその中でもよかったファミスタの試合結果を。

今リーグは、本当にしびれる試合ばかりです^^


まずは、レベル27の方との試合。
リオスが先発でスタート。

2回に1点は失うも、5回までこの1点のみよる好投をします。

しかし、打線がなかなか打てず、6回まで無得点という状況。

すると6回裏、リオスがパックに痛い2ランを浴び、これで0対3となり打線が打てない中での3点差は少しきついものが。

それでも7回表、2アウトから代打の切り札桜井が、またしてもホームランを放ち反撃スタート!!

8回にもパックの一撃で1点を加え、1点差で迎えた最終回。

2アウト1塁から、代打岩崎にAカード絶好調を使い、そしてライトへのヒットでこれで1打同点、抜ければ逆転というチャンス!!

ここでバッターはGG佐藤!!
五十嵐の外角の球を打つと、打球は右中間を破る逆転タイムリー2ベース!!!

最後は久保田が抑えて、土壇場での劇的な逆転勝ちです!

GG決勝逆転打!!


次の試合は打撃戦でした。

レベル33の方が相手で、こちらは大竹、相手は矢野リード3持ちで、苦手な高橋尚が先発。

相手も上級者で、しかも高橋が先発となると、失点はできるだけ避けたい試合。

しかし初回、いきなり相手打線に大竹がつかまってあっという間に2失点、、、

それでも、これはやばいという空気を振り払ってくれたのが、やはりこの男であった。


2アウトながら1・2塁とし、ここでGG佐藤の逆転3ランで、すぐさま逆転!!!!

が、大竹がピリッとせず、2回裏にも2点を取られてまたも3対4とリードをされる展開。
その後4回裏にも失点し、3対5に。

それでも6回に1点を返し、迎えたラッキーセブン。
1アウト満塁と代わったリードで強化された福田を攻め立てると、チャンス2の発動した森野の一振りは、バックスクリーンへ飛び込む特大の逆転グランドスラム!!!!!

さらに8回にはGGのこの試合2本目のホームランに、最後は阿部の一撃と、終盤の一発攻勢で逆転勝ち!!!

これは本当に大きな1勝でしたね。
何よりレベル33の方に勝てたのは嬉しいです。

ただ、ボール球はやはり全く振ってくれず、2回にGGの一発がなければきっとボコボコにされていましたね。

GGは本当に今リーグでは不動の1番として大活躍です。
リアルの方は、本当にかわいそうなのですが・・・・・・・。

打線爆発で勝利!!


続いては、レベル31の方とで、こちらはリオス、相手はリード2の銀仁朗持ちで、岩隈が先発。

この前の試合で2敗目をしていて、連敗だけは避けたい大事な1戦。

そして、初回に二岡のホームランで先制すると、2回裏には阿部のホームランで幸先良く2点を奪います。

先発リオスも、3回までなんとか得点を許さず、序盤はこちらの流れ。

しかし中盤の4回表、銀仁朗のタイムリーで1点差とされ、続くピッチャーの岩隈には詰まりながらもライトの前に落ちる不運なタイムリーで2対2の同点に。

さらに5回・6回に1点づつ失い、2対4。

頼みの打線も、3回からは完全に沈黙。
5回途中から登板したリードで強化された山本省吾は、相変わらず手の付けようがなく、7回まで無得点。

それでも8回裏、なんとか山本から連打でつなぎ、2アウトながらも満塁のチャンス!

ここで相手は山本がバテたので、佐藤誠にチェンジ。

こちらも代打に岩崎を起用し、Aカード絶好調も起用。

そして、追い込まれながらも、なんとかライト前へ転がして1点差!

さらにGG佐藤も初球をレフトへヒットとし、ここに来てついに4対4の同点とし、ゲームはふりだしに!

この勢いのまま迎えた9回裏、この回先頭の二岡が、なんとこの試合2本目となる、サヨナラアーチで劇的なサヨナラ勝ち!!!

もう7回が終わってさすがに厳しいな、とは思ったのですが、山本がばててくれたので助かりました。
モナ岡二岡もリアルとは正反対に、最高の働きww

今リーグでは、終盤での逆転勝ちがほとんどですね。
たまには楽に序盤に4点くらいリードして、逃げ切る試合もしたいですが^^;
まー、今回の表彰が勝率なので、残り3試合を何が何でも連勝で終えたいです。

二岡2ホーマー&サヨナラ弾!

まだ盛り上げ足りないというのか?


エース不在の結果だ。


結局先発が全てだな。

もう昨日の岩田は何やねん!

立ち上がりから、制球に苦しみピンチの連続。
それでも、初回のピンチでは女房役矢野がセカンドでランナーを刺し、2回の1死2・3塁の大ピンチでは、阿部のファール飛球をこれまた矢野バックネット前のラバーによじ登ってスーパーキャッチをし、そして2回裏には、その矢野がレフト前へ先制タイムリーを放ち、岩田をひたすら援護した。

しかも矢野が打点をあげれば07年5月の横浜戦以来負け無しの33連勝中と、これで勝てる!と思った。

が、岩田がそんな矢野の頑張りを無駄にする、話にならないようなピッチング内容。

先制された後の3回表には、先頭の鈴木をフォアボールで出すという、一番やってはいけないことをやってしまう。

2アウト2塁となり、ラミレスにタイムリーを打たれると、続くスンヨプにはまたお約束どおりの一発をバックスクリーンに放り込まれ、スンヨプはこれで対阪神戦では3試合連続のホームラン。

矢野がインコースに構えた瞬間、「終わった」と思ったよ・・・・・・・。
なんでいつもHRコースに構えるねん!!

岩田もジャイアンツ打線の前にビビリすぎ。

そりゃ今の巨人打線に平常心で投げろとは言っても、それは相当難しいことだが、先発に任された以上、もう思いっきり投げるしかないやろ。



ただ、昨日は打線が内海に食らいついた。
3回裏に、すぐさま今岡のタイムリーで1点差とし、尚もノーアウト1・3塁でバッターは金本と、最悪同点にはなるだろうと思った。

そして、金本が完璧に捕らえた打球は、ライト線!
と、打った瞬間は思ったが、不運にもファーストライナーでそのまま1塁ベースを踏んでまさかまさかのダブルプレー。

これは本当に痛かった。
抜けていれば、恐らくこの試合は阪神が勝っていただろう。

今季の金本は、本当に不運ばかりやね。
ホームランも40本はあってもいいはずが、15本は損をし、ヒット性のあたりもアウトになるというケースがかなり多い。



それでも、取られた後に得点し、1点差となればまだまだ勝機はある。

もう岩田は立ち直れそうにないし、もう勝ちに行くならピッチャーは代えてもええぞ!と思っていたが、岩田続投。

案の定、岩田はこの回もフラフラ

まー、鳥谷のファーストへの逸れた送球に、今岡の悪送球も絡んだのはキツいが。
それでも、2アウトからガッツへのフォアボールで満塁にしたのは良くなかった。

ここで2アウト満塁、バッターラミレスとなり、ようやくピッチャーを代えた。
意外と久保田がこういう時に、ズバっと三振を取ってくれそうなので、久保田投入でもいいんじゃないの?とは思ったが、結局渡辺。

渡辺登板でまず思ったこと。
それは、押し出しのフォアボールである。

渡辺・江草は、こういったピンチで登板すると、力んで歩かせて、なんのために代えたのかわからないというパターンがよくあるのだ。

それでも、結局カウント2-3まで来て、運命の勝負球は外角低めの直球!!

「よっしゃー、三振やっ!!!!!」


ん? あれ? 審判さん、何で? おいおいおい手を上げ忘れてまっせ。



えーーーーーーーーーーーーーーーーーー ボールかいな!!!!

何でやねん!!!
2アウト満塁、バッター4番ラミレス、カウント2-3で、しかも甲子園であのコースに来ればストライクやろ!!

あそこは審判の最高の見せ場やで。
あれをストライクとかっこよく決めるためにやってるんじゃないのww?
しかも、9回裏の阪神の攻撃時には、同じようなコースをストライクとコールし続けるKY審判。

去年の広島市民での、あのわかりやすい広島ひいきの審判を思い出しますわ。

この判定が、この試合の勝敗を完全に決めてしまったな。

結局スンヨプにもカウント1-3と投げるところがなくなって、2点タイムリーで2対6。

見事なまでにやられましたわ。



しかし、そう簡単には終わらせない。

6回裏、内海がついに崩れた。
変化球が全く入らず、2四球・1死球でなんと無死満塁!!!

そしてバッターは、得点圏打率の高く、そして満塁男である、簡単にアウトにならないこの場面にもってこいの関本!!

って、えーーーーーーーー!?!?!?!?

代打桧山やと???????

別に、7番に代打新井、9番に代打桧山でええやん!

頭の中が?だらけでいっぱいやったわ。

しかも巨人ピッチャーは、桧山の苦手なフォーク使いである越智やで。

それなら選球眼のいい関本で、押し出しという可能性を持っていくほうがいいんとちゃうの?

結局桧山はボール球のフォークを振って三振やし・・・・・・。



~新井復帰は好材料!~

新井がついに戻ってきた!!
しかも、この大チャンスに代打起用され、そしていきなりライト前へしっかりとタイムリーを打ったのは、かなり大きな収穫!

ただベンチに置いて、「金本の元気を出させる係」でおるだけかと思ってたのにww

これでスタメンで出れるくらいまで来れば、やっと鳥谷のフラフラ5番から解放され、春の6番での鳥谷が復活するわけやし。



さらに矢野も押し出しで2点差とし、尚も1死満塁の大チャンス!!

が、代わった山口に葛城・赤星が連続三振。

山口はほんとにすごいな。
この場面でも全く動じず、簡単にピンチを脱すれば、7回に平野にいきなりヒットを打たれようが、今岡・金本・鳥谷を完全に封じ込める、敵ながらあっぱれのピッチングだった。

もう新人王は確定でしょうな。



とか言ってる間に、7回以降は完全に打線が沈黙してまた同率首位。

またここから負けれない試合が続くなぁ・・・・・・。

しかも、今日は阪神の試合がなく、巨人はナゴヤで試合がある。
もし巨人が勝てば、巨人が単独首位になり、これは少しやばい。

まー、逆に考えれば、中日が勝って阪神が単独首位になるという可能性もあるのだが。

とにかく中日さん頑張ってくれ!
3位争いもしているので、そうは簡単に負けはしないだろうし。

高橋尚成初登板!!

08リーグ①フル

まずは、西武リーグ制覇おめでとう!!

これに関しての話は後ほど?!?(書かない確率80%^^;)


今回は、ファミスタの話。
昨夜、フレンドの方と1戦させていただき、最終回にカブレラの一発で追いつくも、直後の裏にタイムリーを打たれ、3対4でサヨナラ負け。

JFKをこちらは入れていましたが、結局リードをされる試合展開で、ジェフしか出すことが出来なかったので、次はJFKで勝ちたいですね。

それにしても、本当に強かったです。
打線に抜け目がなく、もうずっとヒヤヒヤしながら投げてました^^;

やっぱりこういう試合は楽しいし、熱が入りますね!

また近いうちに、再戦よろしくお願いします^^


そしてそのフレンドの方から、なんと高橋尚成投手をいただきました!
先発不足の僕には助かりました。

本当にいつもありがとうございます^^

高橋尚成08


そして、早速その高橋を先発に起用。
レベル24の方で、相手は倉リード2持ちで、小嶋が先発。

序盤から、両投手ともピンチらしいピンチもなく、こちらは高橋のコーナーをついた打たせて取るピッチング、相手の小嶋は速球・フォークをガンガン織り交ぜて、三振を取りに来るピッチングで、結局6回まで両投手とも譲らず0対0。

ラッキーセブンの7回表も高橋がランナーを出すも、この日4つ目の併殺打で、この回も無失点!

すると直後の7回裏、アレックスがライトスタンドぎりぎりに飛び込むソロアーチでついに先制すると、さらに2アウト1塁から、GG佐藤が弾丸ライナーでレフトスタンドへあっという間に運び、これで一気に3対0!!!

これで勝ち投手の権利のついた高橋。
が、8回表に3連打で無死満塁と、大ピンチを招いて、ここで渡辺に交代。

すると、この渡辺がライトゴロの1失点のみに抑える好リリーフ!!

最後も渡辺が1失点するも、3対2で高橋初登板初勝利!!!

なんとか勝ててよかったです^^
高橋は、右変化がかなりあるので、投球の幅が増えてかなり使いやすいです。

また次の登板も楽しみですね。

高橋尚成初登板!!



明日勝って一気に決めてやれ!!

昨日は巨人が負け、阪神が勝って、阪神がまたも単独首位!!

グライシンガーの高めの失投を完璧な逆転3ランとした栗原、そして力投した赤いハンカチ王子、8回を見事に抑えた梅津最後ガッツ・ラミレスをもの凄い落差のフォークで三振に仕留め、続くスンヨプも打ち取った永川、本当にありがとう!!

もう阪神戦と巨人戦を、交互に見てましたが、広島も相手がグライシンガーで、いきなり2点を取られようが、必死に食らいつき、そして巨人の連勝を止めたのはあっぱれ!

巨人もここに来て、連勝中の打線大爆発で大差で楽勝。というパターンから、競合いの試合になるようになってきた。

となれば、ずっと競合いの試合を戦い続けてきた阪神の方が、こういう試合では有利なはず。
しかも明日は甲子園からで、そう簡単にホームランも出ないだろう。
前回ドームで打たれたアッチソン・ジェフら中継ぎ陣も、甲子園からとなれば全然違うと思うしね。

今岡が昨日も、4回裏に終わってみれば決勝点という貴重な2死満塁での走者一掃のタイムリー2ベースで、打点王のころの風格も徐々に戻りつつある。

昨日なんか、2アウトから安藤自らのタイムリーで口火を切り、赤星つないで平野タイムリー⇒今岡とどめ。と、春のころの得点パターンが復活し、ここに来て阪神らしい戦い方ができるようになっているのも、かなりの好材料。

ただ、安藤が5点の援護もありながら、5回・6回にぶんぶん振ってくるハマ打線につかまり、3点を失って6回で降板したのは今後も課題。

とにかくどんな形でも勝てばいいとは言え、ほぼ毎試合投げているアッチソンは休ませてあげたいし、エースになるのなら、こういう試合でこそ7回・8回は投げてもらわないと困るわけで。

まー残り10試合なので、なんとかリリーフ陣頑張ってくれ!

» 続きを読む

35000FPの結果

ちょいと前に、強力外野手・先発投手を狙い、5万FPを貯めて、一気に回すという計画を立ててました。

そして5万FP貯まり、この前一気に回しました。

結果は、

菊地原08
4000FP目でやっと^^;
まー、左の中継ぎも不足していたからまだよかったか。


荻野08
微妙^^;
球速がないのが・・・・・。
サブアカにはSPの方がいるのになぁ・・・・・。


加藤08
またリリーフ・・・・・・。
しかもコスパの悪い投手の連発ですか^^;


テイルズPM
まー、PMはやっぱりナムコだな。
一瞬「もしかしたら」と期待もしたがw
この地点で、大体1万FPほど終了。

ワースターSP
SPがようやく来たが、あえなくナムコ・・・・。


アレックス2枚目
外野手来たが、既にセンターを守ってもらってますw
これは高橋や青木をあてさせてあげない代わりに、このアレックスを合成して頑張れ、ということなのか^^;


プーカPM
PMだと実名の期待感がないから、まだSPで実名の期待感を持たせてくれる方がいいのだがww


小坂
やっとWP50以外で、まともな選手が来てくれました。
07を持ってなかったので嬉しいですね^^
選手の出もあまりよくないなぁ・・・・。


柳瀬08
また微妙なリリーフ・・・・・・・・・。
たまのWP50もこんなカードが続くとは・・・・・・・。


飯原08
ヤクルト純正には欠かせないので、手に入ってよかったです^^
08リーグが始まったばかりのころに来れば、出場機会がもっとあったと思うけど^^;


谷繁08
出番はないが、嬉しい1枚ですね。


ファイガSP
やっぱりナムコか・・・・・・・。


ここで3万5000FPが終わり、まったくいい選手の出そうな気配がないので、FPを無駄使いしない内にまた5万FP貯めてがんばろ。

しかし3万5000FPで、WP60どころか、55が1枚もないのは痛いなぁ・・・・。
結局試合で使えそうな選手は1枚も来なかったし・・・・。
やっぱりサブアカで青木が来たとこで、運は使い果たしたということか。

» 続きを読む

どんどん振れ!!!!

あさってがいよいよ甲子園での直接対決!!
今日は安藤とグライシンガーが先発しているから、恐らく明日は岩田と内海の両左腕での投げ合いとなるでしょう。

岩田は前回5回に急に打ち込まれたものの、巨人の打線もあの3連戦の爆発的な勢いに比べれば、少しずつ落ち着いてきていると思うので、巨人キラーだという自覚を持ち、自信を持ってバシバシ投げていけば大丈夫でしょ!!

打線も内海をとにかく打つのみ!!
金本の調子が下降気味ですが、そこはなんとか今岡・鳥谷でカバーを!
昨日の試合を見ると、前日の引き分けゲームの鈍いスイングから、本来の力強い思い切ったスイングができていたので、上昇してきていると思うし^^

特に葛城・関本のスイングはいい感じだね。

今岡のホームランも、その前のファールでインコースの球をレフトにあわやホームランというあたりで、打ち直しの4球目、外角よりの低めの球を、今岡本来のセンター方向を意識したバッティングで、低い弾道でバックスクリーンに放ち、スイング自体も全盛期のころの、軽く振ったように見えてホームランという奴が、このホームランでもそうであり、大分本来の状態に近づきつつあると思う。


恐らく今日も阪神・巨人共に勝つと思うので、あさっての勝者がこのペナントの覇者となると言っても過言ではないでしょう。

とにかく投手の交代も早め早めで行き、総力戦で挑むのみ!!
岩田3回-渡辺、江草で4回、5回-アッチソン6回、7回-ジェフ、久保田(ここが一番心配だが・・・)で8回-最後は藤川で、十分でしょ!

延長戦は考えないで、どんどん行ったらいいと思う。
万が一延長戦になっても、阿部・福原がなんとかしてくれるでしょ!

もう悔いの残らないよう、全力で頑張れ!!

執念

08①フル

久々にファミスタの話題。
08①6回は、12勝8敗と貧打に泣き今回もボロボロな状態。

そして、とりあえず12勝を目標に続いては08①フルに参戦!!
開幕戦を鮮やかな2対1で、伊藤(ロッテ)-久保田のリレーで勝利!

続く2戦目は、レベル26の方とで、こちらはリオス、相手は三浦が先発。

1つ1つ勝って連勝といきたいとこでしたが、初回に相手先頭のムネリンにヒットを許してしまうと、その後内野ゴロの間に1点を先制されてしまうスタート。

それでも3回裏に初ヒットを放つと、1番GG佐藤のバックスクリーンに飛び込む、特大の2ランで逆転に成功!!

その後は両投手とも、ねばりのピッチングで2対1のまま5回を終了。

このまま開幕戦同様、リオス6回-伊藤2イニング-久保田で逃げ切りをはかりたいとこでしたが、6回表に松中にレフトポール際に力で持っていかれ、2対2の同点に。

さらに8回表、代わった伊藤が松中に2打席連続となる2ランを打たれてしまい、ついに2点を勝ち越されてしまいます。

しかし土壇場の9回裏、苦手な川崎からこの回先頭のムネリンがヒットで出塁すると、1アウト後、4番パックの一振りは左中間スタンドへ飛び込む同点2ラン!!!!

これでもう流れはこちらに!!

が、延長10回表に、9回から投げていた久保田がパックにホームランを打たれてしまうと、その後も連打で失点し、劇的な形で追いついた後だけに痛恨の2失点。

10回裏も、アレックス、田中浩康が簡単に倒れ、あっという間に2アウト。

しかししかし、ここで代打岩崎が絶好調状態で、初球をレフトへヒットにしここでバッターは絶好調状態で、この試合HRを打っているGG佐藤!!!

こうなればもう狙うはホームランのみ!!

しかし初球からスイングしていったものの、当然相手がまともにストライクを投げてくれるわけもなく外角のボール球。

それでも絶好調状態だったおかげでセンター前へなんとかヒットとし、望みをつなげ、続くムネリンのあわや左中間を抜けるかというタイムリーヒット!!

これで1点差とし、尚も2死1・3塁と1打同点のチャンス!

そして再び2軍暮らしの二岡がセンターへヒットを放ち、2アウトからの4連打で執念の同点劇!!

もうこうなれば何が何でも勝ちたい試合。

11回表を二コースキーが3人で抑えると、直後の11回裏、先頭森野が初球の真ん中の甘い球をフルスイングすると、打球はライトスタンドへ飛び込む劇的なサヨナラアーチ!!!!


もう本当にいい試合でした。
こんな試合ができたのは、かなり久しぶりですね。
まだ残り13試合あるけど、これで燃え尽きた^^;
何がともあれ勝ててよかったです^^

執念!

プロ野球的にはこっちの方が面白いでしょ?

まー、この3連敗は仕方ないんじゃないの?

そりゃ3試合で8本もホームランを打たれ、アッチソンまでもが打たれてしまったら、もう「参りました」の一言ですわ。

まー、初戦の安藤のピッチングは最悪だったが・・・・・。
エースになろうという男が、まともにストライクも取れず、2アウトから2者連続フォアボール⇒2点タイムリーなんぞ、エースには到底なれませんな。

2戦目の下柳は、ストライクが入らなくて苦しむのではなく、真ん中に全部球が行ってしまうという、下柳の年に数回ある奴がこの大一番で来てしまった。

しかも、下柳の球は所詮130キロほどの緩い球で、こんな球でなぜ通用していたかというと、言うまでもないが、低めにしっかりとコントロールされていたから。

だが、この球が真ん中や高めにでも行って、しかも相手が絶好調巨人打線に東京ドームであれば、もはやバッティング投手となってしまうわけで・・・・・・。

まー、それを簡単にホームランにしてしまう巨人も、相当な調子の良さだが。


そして、昨日は金本がいきなり2打席連続でホームランを放ち、「まー今日は阪神が勝つようになってるんだから」とか思っていれば、5回に岩田がまさかの大炎上・・・・・・。

岩田が悪すぎるのもあったが、この回先頭のスンヨプに2ベースを打たれた後の、野口のパスボールというのが、巨人に流れを一気に渡してしまった気がする。

こういう試合は、一つのささいなミスが命取り。
はっきり言って、野口のあのパスボールは信じられない。 
インコースの普通のスライダーを、簡単に後ろに逸らすとか・・・・。

そもそも、野口はいつもマスクをかぶると、4回・5回の大事な回に、横着をして捕りに行こうとし、結果それが無駄なパスボールとなり、直後にタイムリーを打たれるというのがよくある。

もちろん野口がキャッチャー=投手は岩田。
岩田としては、いつもいつも止めれる球を、後ろに簡単に逸らされてしまい、こんな事が毎試合のようにあると、投げてるほうとしてはいくら相手が先輩でも、人間であれば心のどこかに必ず何か思っていることがあるだろう。

だからこそ、野口もリードでいっぱいいっぱいなとこもあると思うが、もう少しそういったとこでも頑張ってほしい。



5回は岩田が逆転された後も、渡辺・江草・アッチソンと、一気に勝負をかけた。
巨人も、上原に代えて代打大道、キムタクに代えて代打高橋と、こちらもこの回に懸けるような、年に1回あるかどうかの、もの凄いイニングだった。

しかし、結果は空しく8失点、、、、、

最後のスンヨプの一撃は、もう言葉を失ってしまった。

ちまちま点を重ねていき、ランナーが貯まっての一発というのは、勝負がそれで決まるわけで、もうやられたほうとしては意気消沈となってしまう。

この3連戦では、本当にホームランの恐ろしさを味わった。

つなぎの阪神も、結局金本の周りの3番・5番が機能せず、クリーンナップが完璧に機能した巨人との差は、ここにあったと思う。

昨日なんか、金本の2ホーマーがいずれもソロとか、巨人側としてはそこまでダメージはなかっただろう。
いつも阪神の言っている、「ホームランもソロならOK」というのが、全く逆のパターンとなってしまったからね。

今岡が1度でもつないでいれば、また違った展開にもなっていただろうし。
やっぱり新井がいないのは痛いな・・・・・・。

鳥谷も波がありすぎて、5番を打つにはまだまだという感じ。

とはいえ、代わりがいないのだから、残り試合をこのオーダーでなんとか頑張ってもらうしかないのだが。

それに、まだ巨人と並んだわけで、抜かされてはいない。

巨人のほうが確かにチーム状況はいいが、阪神も負けなければ1位のままだということ。

選手も追われる恐怖感と緊張感がなくなり、また気持ちを切り替えて、思いっきりプレーもできると思うし。

だからこそ、最後までこの混戦状況を、ハラハラドキドキしながら応援するのが一番!
とりあえず、横浜4連戦を、1戦1戦戦うべし!

阪神優勝を決定づけるか、最後の最後までペナントを盛り上げるか

さてさてさて、もうすぐ巨人との試合が始まりますな。

プロ野球ファン減少とか言われてる中、こういった3連戦は非常に盛り上がるのでは?

特に巨人ファンなんかは最強に盛り上がってるだろう。
なんたって、巨人がここで3連勝でもするならば、阪神と並ぶのだから。

しかも、巨人はこの9連戦を7勝2敗で終え、しかも7連勝中と、チーム状態は最高だろう。

そして、阪神は甲子園で貧打に苦しみ、チーム状況は悪いと思われている。
それでも、この9連戦を結局6勝3敗で乗り切り、これだけ巨人が勝っても、9試合でたった1ゲームしか縮まっていないのは、かなりよく頑張ったと思う。

なんと言っても、甲子園であれだけ苦しんだ打線が、ナゴヤドームでは、みんなの振りも良くなり、長打も多く、かなり復調!

相性のいい中日+意外と相性のいいドームでの試合となると、まるで別人のようにみんなが打ちまくったね。

やっぱり、甲子園ではホームランが出ないが、ドームではホームランが出る。という気持ちがあるため、ホームラン狙いの思い切ったスイングができ、どんどんいい方向へと進んでいっている。

なので東京ドームなら、相手がグライシンガーや内海だろうが、まだまだわからないね。

ただ、空中戦となると少し厳しいとこもあるが、阪神のリリーフ陣からは、ヤクルト・横浜みたいに、簡単にHRは打てないだろう。

さらに、投げればほぼ100%打たれる久保田が2軍にいるので、そこが正直一番安心しているw

久保田の東京ドームでの被弾を、毎年何本見たことか^^;

まー、なんとか6回までにリードをして、AJFで逃げ切るのが理想だが、そう簡単には行かないだろうね。

なんにせよ、阪神はとりあえず1勝2敗でも、その後5割ペースで行けば優勝は出来るので、かなり余裕を持っていけるだろう。

700FPの1回目で・・・・・・・

お・・・・・・・・・・・・・・・・

こっこれは・・・・・・

» 続きを読む

起爆剤


今岡に変態バッティングが戻ってきたww

2打席目のエンドラン、外角に外れたボール球を、今岡お得意の悪球打ちが目覚め、上手くちょこんと当ててライト前に落とす。

そして3打席目、3対1とし、行け行けムードの中、カウント2-2からの高めのボール球。
これを強振し、打球はレフトスタンドへ飛び込む、貴重な2ランアーチ!!

これらのボール球をヒットにできるようになったのは、大分本来の姿に近づいてきたのではないか?

全盛期の時は、顔面に来た球をタイムリーヒットにしたこともある男。

今岡=岩鬼の打撃+ストライクも打てる打者、なのだからww



今岡と共に、打のヒーローとなったのはミッチャンやね。

もう2回に打った特大ホームランは凄かったし、これでかなり久々に初回と9回以外の得点で、おかげでチームの雰囲気も良くなり、5回までに7得点と、見違えるほど打ちまくったね。

そして02年以来の猛打賞となり、本当に古巣中日相手には、もの凄い相性の良さを誇っている。

このホームランが無ければ、またチームも重苦しい雰囲気のまま、得点することなく試合を終えていた可能性もあるわけで、かなり大きな一撃だった。



打線がこれだけ打てば、後は岩田が7回くらいまで、スーッと行って、8回・9回は渡辺、江草あたりで楽勝!といってほしいのだが、やっぱり簡単にそうは行かない。

岩田が5回に先頭のビョンギュに2ベースヒットを打たれる。
そして続くデラロサにもセンター前へ打たれ、無死1・3塁。

が、ここでとても珍しいプレーが。
なんと2塁ランナーのビョンギュが、ホームへ行こうとするのを、笘篠三塁ベースコーチが手で制止してしまい、「肉体的援助」でビョンギュがアウトという珍プレー!

これで無死1・3塁が、1死1塁となり、阪神側としてはかなり助かった。

しかしこれでも岩田が立ち直れない・・・・・。
2アウト後、代打小池に、真ん中高めの甘い球をレフトスタンドへ運ばれて7対3に。

6回裏も続投した岩田だが、藤井、森野に連打を許し、無死1・3塁となってここで降板。

そして驚いたのは、ここでピッチャーを普段であれば渡辺というとこを、アッチソンを起用してきた。

岡田監督も、もう勝ち試合は絶対に落とせないし、いくら4点差とはいえ、ノーアウトで1・3塁で集中打のあるドラゴンズ打線を考えれば、ここで調子の悪い渡辺を下手に出すより、安定しているアッチソンの方に期待したのだろう。 
そして、アッチソンのスタミナなら7回までは計算でき、8回には復帰したジェフもいるので、すんなりと使えたのもあると思う。

そして、その期待に応えるアッチソン。
ウッズを1球で併殺打に仕留め、この回を最少失点で切り抜けた。

さらに7回もビョンギュにヒットを許すも、田中を併殺打にし、1回と3分の1をたったの11球で、あっという間に終わらせてくれた。

もう本当にアッチソンの投球には恐れ入ります。



この後は、ジェフ、球児が3人ずつで抑え、7対4で新勝利の方程式「JAF」での勝利!!

岩田がもっと投げなくてはいけない試合だったものの、久々の快勝でしたね。

やっぱり相性の良いチームが相手なら、こうも変わる物なのかと思いました。

» 続きを読む

40歳トリオが魅せた!!!! 

なんというか、甲子園はサヨナラ勝ち以外で勝てる気がしない^^;

昨日はもう、20歳マエケンと、40歳下柳の凄い投手戦だった。


すっかり阪神キラーと化したマエケンは、とても高卒2年目の投手に見えない。
カウントが少々悪くなろうが、持ち前のコントロールの良さが光り、コーナーの厳しいとこに、ポンポンと簡単にストライクを入れ、一気に追い込み打ち取る。

真ん中に来る球なんか、全くと言っていいほどなく、低めにどんどんキレのいい変化球、速い真っ直ぐを放り、阪神打線を8回まで手玉にとった。



一方の、ベテラン40歳下柳は、序盤はコントロールが定まらず、ボール球も多くなり、かなり調子が悪そうに見えた。

それでも序盤のピンチを脱し、4回からは本来の姿に戻り、7回まで危なげないピッチングで、打線の援護が無くとも0点で抑え込んだ。



まず始めに継投に出たのは阪神。
8回に3分クッキング男アッチソンを投入。

東出にヒットを許し、2アウト1塁となるも、矢野がここで盗塁を試みた東出を刺し、この回も0点に抑える。

ただ、打者の栗原も2ストライクと追い込んでいたし、ここで栗原で3アウト目を取って、チェンジにしたかったのだが、広島ベンチも、東出がアウトになっても次はまた栗原から始まる、というとこで走らせただろう。

すると9回表、その栗原がショートへ強烈な打球を放ち、鳥谷のエラーを誘って先頭打者を塁に出してしまう。

そして、続く嶋に、インコースの球を詰まらせるも、これが不運にレフト前にポテンというあたり。

解説をしていた福本はんも、「あー、こりゃポテンやわー」と言っていた。

が、なんとこれを金本がダイビングキャッチ!!!!!!

凄い、凄すぎる!!!
少し打球方向を間違えたものの、手を思いっきり伸ばしてのキャッチ!!!

本当にこれは凄かった。

もしこれが落ちていれば、ノーアウト1・2塁となっていて、もしかしたらこの回失点して負けていたかもしれない。
この試合を救った大ファインプレーですね。本当に。



これで流れが阪神に来たかと思った。
ところが、アッチソンが石原を追い込みながらも、真ん中にカーブが甘く入ってしまい、センター前にはじき返されて、1塁ランナーもエンドランで一気にサードへ。

ちょっとこれは予想外で、1アウト1・3塁と、外野フライで終わりという大ピンチ。

しかも、バッターは何でもできる小窪に、サードランナーを栗原に代えて梵を代走に起用。

これは何かありそうという感じだったが、小窪を何とか追い込み、これでスクイズはなくなって、結局ライトへの浅いフライで2アウト!

それでも広島ベンチは、ここで代打に前田智ではなく、あえて前日にもHRを放ち、阪神戦ではもの凄い相性の良さを誇る、喜田剛を起用してきた。

やはり打たれた印象も強いせいか、ストライクが入らず0-3に。
なんとか次はストライクをとり、1-3。

大事な次の球は、前日ホームランを打ったときと同じような高めのボール球だが、ホームランを打ったときよりも、もう少し高めの球。

これを喜田が打ち、力のないライトフライに仕留め、アッチソンがこの大ピンチを0点で抑えます!!

これはもうあのコースに投げさせた矢野が凄いね。
まだまだ若造喜田と、ベテラン矢野の差ですな。



試合は結局0対0で延長戦。

10回表を、猛打賞赤松を球児が牽制で殺すなど、3人で片付け、10回裏の攻撃に臨みます。

すると、梅津から先頭の葛城が、ライト前へヒットを放ちノーアウトのランナーを出すと、ここで代打に右ひじの腫れている関本。

ところが、バントがピッチャー真正面となり、葛城も悠々アウトで送りバント失敗。

それでも、関本の全力疾走で1塁になんとか生きたのが、矢野のサヨナラ打を生み出したのだから、ゲッツーにならなかったのはとても大きかった。



    ~ベテラン矢野~

もう凄いね、矢野は、本当に。

梅津の甘く入った球を、甲子園以外ならHRという特大のあたりを、レフトフェンスへ放ち、関本も一気にホームインした。

関本も、バント失敗で「しまった」と思ってる中で、この一打は関本も大きく助けたし、チームも助けた。

サヨナラを決めたときに、真っ先に出てきた下柳が矢野を追いかけるとこを見ると、まるでお花畑にいるカップルみたいでしたよwww

本当にこの40歳トリオは凄い。

» 続きを読む

木村劇場

テスト6回

ファミスタの話。

まずは、100%スロを、2回回してしまった・・・・・・・。

結果は、
1回目:Yb川村(WP45)
2回目:E渡辺直(WP45)

いずれもダブり・・・・・。
まー、予想通りなのでそれほどダメージはないですが。

とりあえず、100%スロはやめときます。




レベル21の方が相手で、こちらは篠田、相手は誰か忘れましたが、左投手が先発。

この試合は、もう自滅でした。
毎度毎度、右打者に対するギリギリボール球の外角の球に、手を出し続け、バットに当たってももちろん凡打にしかならず、ヒットすら打てない。

それでも、先発篠田が6回無失点と、よく頑張ってくれました!
普通なら完封やったのにね・・・・・。

お互いが無得点のまま、結局延長戦に突入!

こちらは7回・8回を、吉川がなんとか0点に抑える好投!

もうそろそろサヨナラにしたいとこでしたが、相手もまたまた左の山北に代え、同じ攻めで全く打てず、貧打線対決で引き分けになりそうなムード。

ところが、9回表に投入した木村が、簡単に2アウトを取ったあと、ヒットと2ベースで2死2・3塁となり、ここで相手打者は中島08。

カウント0-3となり、敬遠でいいや、と思っていたのだが、何を思ったかここでど真ん中に投じ、右中間へ文句なしの3ランホームラン。。。。

本当に自分でも意味不明な操作の連続で自滅を繰り返し、もう敗色濃厚。

しかししかし、9回裏も山北の前に、代打高橋勇丞が簡単にアウトとなったとこで、相手がこちらと同様、木村にチェンジ。

やっと右投手になったとこで、このTSUYOSHI次第では、逆転勝ちの可能性も0ではない!

そして右中間を破る2ベースを放つと、続く長田もヒットを放ち、これで1死1・3塁!

1発同点!という場面で、バッターは3番カブレラ!!!!

HRにはならなかったものの、センターを越えるタイムリーで2点差に!!

尚も1・3塁でパックがショートゴロを放つも、相手が守備を焦り、なんとセカンドへ投げずファーストへ送球するというかなりラッキーな形で、1点差とし、2アウトながらランナー2塁と1打同点の大チャンス!

そして森野が右中間を破るタイムリー2ベースで、ついに同点に!!!!!

ここまで来れば、引き分けで終わらず一気に逆転勝ちをしたいとこ!!

すると、続く多村がレフト線へサヨナラタイムリーを放ち、土壇場での奇跡の逆転サヨナラ勝ち!!!


もう本当にいい試合でした。
ゲッツーになっていたら終わっていたのに、それがゲッツーにならなかったのは、もう奇跡だw

木村劇場

大空に~むか~って炎と燃やせ、虎にな~れ~♪



神が降りてきたww



もうこれは凄すぎる!!

3試合連続初回得点、2回~8回得点無しで、9回にサヨナラとか^^;

昨日の試合なんか、もはや神がかりでしょ。

言ってはなんだが、ヤクルトに2勝して余裕が出来、リーソップを初先発に起用して、今岡を即3番起用、そして7回には能見を投入し、ストライクすら入らず、失点するまで続投させたのを見ると、ほぼ捨てゲームに見えた。

が、この捨てゲームすら、白星にしてしまうのは本当に恐ろしすぎる。

今岡も、6時から自宅で誕生日パーティーをしているはずが、前夜の関本の3死球での打撲により、1軍昇格という、これでも奇跡に近い。

そして、早速予想外の3番サードスタメンで、ここで満足せず、1打席目でいきなり同点2ランを左中間に完璧な打球を叩き込んだのには、もう鳥肌が立ちました。

最後もバットを1度も振ることなく、前夜に続く押し出しによる、サヨナラフォアボール!!

ストレス等の影響で、頭が段々薄くなってきている今岡が、これで胴上げにも参加できますね。



もちろん今岡だけでなく、桧山・葛城・矢野の連続長打もかなり大きかった!!

もう黒星目前で、しかも相手が全く打てそうにないイムという中、先頭の桧山の2ベースで、大きく流れを変えてくれました!

バットの出が良くなってきている絶好調葛城も、あわやHRという特大のあたり!

そして、矢野の執念の同点打!!

もう言葉にできない凄さです。
この勢いで、今日からの広島戦も勝ち越しで!!

» 続きを読む

勝てばいい!

テストがようやく終了です^^
まー受験生なので、ここでホッとせず、今日からまた次のテスト・受験に向けて勉強を頑張らないといけませんが。 とはいえ、最低でも今日はゴロゴロしますよw(少なくとも9月はまともに勉強しないだろう・・w)

ファミスタは、今日のメンテナンスで100%スロがまたまた追加。
頑張って5万までFPを貯めようとしている中、ここでの100%スロは最強の敵だな。

いい選手が来ないとわかっていても、ついつい回してしまうのが目に見えている・・・・・。
まー、いろんな情報を得てから回そうかな。



さてさてここに来て、阪神に勝ち運が出てきた=優勝へ一直線となってきたんじゃないですか?

昨日なんか、ヤクルトが15安打7四死球もしているのに、たったの3得点ですよ!!

しかも、満塁機4度で2点しか入っていない!

普通なら、福原はフルボッコにされているはずが、4回被安打8で1失点。
福原の力投とも言えるが、これはもうヤクルトのおかげですね。



福原・江草・渡辺・久保田と、好調ヤクルト打線に苦しめられていたのだが、アッチソン・球児はやっぱり凄かった。

アッチソンは、もう日本球界一のクローザーですね。
あの3分クッキングレベルの速さで相手打線を封じ込めるとこは、見ていて本当に安心できるし気持ちいいです。

球児も、投球フォームを変えて、安定感が増したかな?

ただ、昨日の試合に関しては、延長戦に入っていたらピッチャーのやりくりはどうなっていたんだろうか^^;

いや、岡田はんは最初から9回で終わるとわかっていたのか?!w



問題であった打撃陣は、2試合続けて赤星がヒットで出塁して得点するという、最高のパターンで復調ぶりを見せ付けたように見える。

が、2試合続けて初回に取ったあと、1点も追加点が奪えず、じわりじわりと得点され、結局追いつかれて楽な試合にならない。

それでも最終的には、2試合続けてサヨナラ勝ちで決めるのだから、チームとしては上向きなのは確か。

もうここまできたら内容がどうであれ、勝てばいいからね。

テスト6回に久々に参戦!

今日から授業がスタート。
久々だったから、眠いしダルい(まー、それは普段もかw)

ファミスタは、ドームか市民球場のとこでやりたかったので、テスト6回にかなり久しぶりに参戦しました。

投手力無視で、打線に重点を置いたオーダー。
今思えば、TSUYOSHIを実戦で使うのは初めてだなー。

テスト6回用オーダー

投手陣は、当然ながら打たれまくり、防御率も7試合を終えて4点台後半。
ただ、唐川や由規など、普段使わない投手を使うので、結構新鮮で楽しいですね。

そして、これだけ打たれながら、現在6勝1敗で6連勝中!!
要因は言うまでもなく、打線の好調ぶりですね。

中でもカブレラが大爆発中!
パックもですが、それ以上にHR数がかなり多く、それもここぞという場面で打ってくれています^^



いい試合は結構あるんですが、その中の1試合を。

レベル18の方とで、こちらは前の試合で5回1失点と好投していた唐川が先発。

まず1回裏、森野のタイムリーで唐川に先制点をプレゼント!

2回から打線が少しおとなしくなるも、先発唐川が3回まで無失点と上々の立ち上がり!!

が、4回表、球威の低さを忘れてしまい、4番小池に対してど真ん中に投じ、文句なしの同点ホームラン。

4回裏に1点勝ち越すも、リリーフした木村が5回表に捕まり、連打でまたも2対2のふりだし。

試合は結局このまま延長戦になります。
そして、ラッキーセブンの7回表を、吉川がきっちりと3人で片付けて流れを作るとその裏、1アウト1塁から、カブレラが文句なしのバックスクリーン直撃の161m特大サヨナラ弾!!!

やっぱりカブレラが決めましたね。
4番にパックも控えている分、カブレラも敬遠し辛いのか、1打席目以降は敬遠がほとんどないのも要因ですね。


カブレラサヨナラ弾!!

ひどいな・・・・・・

さてさて、08①フルを終了させました。

結果は、
08①フル結果

ついに久々の負け越し~~~

まー、開幕からコールド負け5回含む6連敗もすればこうなりますわなww

その間に、オリンピックを復刻させる、GGの1試合2度の落球もww
本職のライトを守らせてるのにw
今度の原因は、ドームのライトが目に入ったからか?ww


ただ、その後打線の組み替え等により、調子が一気に上がって7連勝!!

その打順は、
新打線

まず、不調の賢介を落とし、田中浩康を8番に起用。
すると、まさかの2試合連続アーチ等の大活躍!

山崎武司も、まったく打たなかったので、二岡を再度昇格。

GGも賢介が抜けたことにより、ムネリンが2番に下がったので、1番で気分転換の意味も含めて起用。

すると、GGの打率もよく、調子を落としていたムネリンも2番になってヒットを量産!!

4番のパックも、ようやく使い慣れてきて、HRが出るようになり、5番の森野SPも調子↑↑

代打でスタンバイする桜井も、いつもラッキーセブンの7回で出すので、現在3打席連続代打アーチ中の大活躍!!

ただ、調子が出るのが遅すぎた・・・・・・・・。
まー、次のリーグでがんばろ。
河川敷はもう嫌なので、テストリーグとかにも久々に参戦してみようかな?

» 続きを読む

野球

昨日の広島市民ラストゲーム、「これが野球」という試合だった。

岡田監督の言うように、延長で勝った次の試合が大切。

だが、またしても金村暁が先発となれば、打線の援護がない。
この試合のヒットもたった5本。

そして、4回まで毎回ランナーも、持ち味のねばりの投球で0点に抑えていたが、いつも通り、5回裏に捕まってしまう。

1アウト2塁から、アレックスの詰まらせたあたりが、ライトへポテンと落ちる不運なタイムリーに。
さらに石原にも、ボール球のフォークをしぶとくあてられ、ライトへ抜ける2点目のタイムリー。

打ち取ったあたりが、立て続けにヒットとなる最悪なパターンで、苦手マエケンの前には痛い2失点となってしまった。



それでも直後の6回表、前日疲労により救急車で運ばれ、ドクターストップのかかっていたにも関わらず、強行出場した選手会長赤星が、甘く入った変化球を捕らえてセンター前ヒット!!

さらに2番平野が、セフティバントの構えをして、マエケンを揺さぶりストレートのフォアボール!!

そして続く林のファーストへの強いゴロを、栗原が焦ってセカンドへなんと悪送球し、無死満塁の最高の場面で、広島で育った鉄人金本!!

しっかり芯で捕らえた打球は、ライト前!!と思ったのですが、これをセカンド東出がダイビングキャッチし、すかさずセカンドへ送球して1アウト。

このプレーがこの日の勝負を決めたといってもいいだろう。

尚も1死1・3塁の1打同点のチャンスも、鳥谷のこれまた芯で捕らえたライナーがセカンド東出の正面で、続く関本の完璧なあたりも、レフト嶋へのライナー。

普通なら3連打で、マエケンノックアウトくらいまで行ってるはずが、全てアウトになるとは・・・・。



そして、6回裏も続投した金村。
が、1アウトから、前の打席でレフトへ痛烈なライナーを放っているピッチャーマエケンに、ボール気味のフォークをしっかりとセンター返し。

少なくとも、このバッティング技術は今の阪神打線より上を行っているww

さすがPLの4番を打っていただけに、よう打ちますな。

そして、東出の打ち取ったあたりが、またまたセンターへポトリと落ちるヒットで1・2塁とチャンス拡大。

さらに1アウト満塁となり、ここで先制打を放っているアレックス。
それでも、ショートゴロへの余裕のゲッツーコースに!! 
「これでまた阪神に流れが来る!」と思っていると、なんと鳥谷が余裕があるので普通にトスすればいいものを、わざわざグラブトスをしようとし、これがグラブからポロリというアホプレーww

そして、それを拾った平野が、慌ててゲッツーを焦り、今度はファーストに悪送球wwwww

なんというおバカプレーだwww


これで試合が決まり、たった1日で、5度目のマジック消滅だとさww


まさか広島市民ラストゲームが、こんな形で終わるとは。

まー、明日からの9連戦頑張ってくださいな。
なんなら、巨人と1ゲームくらいにして、9連戦後の東京ドーム直接対決を面白くしてもらってもいいけど。

焦らなければ大丈夫

ようやく連敗が5でストップ。
これにて、70勝一番乗り!

とは言え、オールスター前に60勝一番乗り!となってから、10勝しかしてなかったんだね・・・。

それでも、昨日の勝ちは大きかった。
貧打や守備のミスが目立つとこには変わりなかったけど、なんとしても勝つ!という気持ちが強かったのが伝わってきたね。

なんといっても、6回表の攻撃。
2対3と、逆転された直後で、1死1塁から関本にエンドランをかけ2死2塁とすると、矢野のところで広島青木勇のモーションの大きさを突き、2塁ランナー鳥谷が三盗に成功!!

そして、すかさず矢野の執念のタイムリーで、すぐに同点としたのはかなり大きかった!!



さらに延長12回表、2死3塁で金本が歩かされ、広島バッテリーは鳥谷勝負を選択。

すると、金本がセカンドへ盗塁を決め、強かったころの隙のない攻撃を見せ付ける。

鳥谷も、金本が目の前で2回も歩かされたのには燃え、レフトへ決勝の2点タイムリー!!!

ただ、金本の言うように、1点差と2点差では、相手にかかるプレッシャーも全然違う。
もし金本が走ってなければ、1点止まりで、12回裏も久保田が投げてるから、また違った展開になっていたかもしれない。

打つほうで調子が悪くても、できることをしっかりこなす金本は、やっぱり凄いと思いましたね。



ゲーム差が再び4.5となり、今日は広島市民球場ラストゲーム。
そして、今季未勝利の金村暁と、今季阪神が苦戦している前田健太が先発!!

金本にもいろんな思いがあると思う試合、なんとかチーム一丸となって、連勝といきたいですね。


おすぎのこの変わり様の無さは、もはや神の領域

最近、阪神試合あるの?と思うくらい、見る気も失せる、どうでもいい試合ばかり。
打線も先頭打者は出すのに、結局後続があっけなく倒れて、つなぎもくそもない最弱チームのやるような野球・・・・・・・・・・・・・・・。

特に鳥谷の大ブレーキ。
どうも3番になると、ランナーを進めて金本に回そう回そうとして、引っ張りバッティングになり、セカンドゴロの山。

クリーンナップなんだから、思い切っていけばいいのだが・・・・・。
鳥谷は、05年は2番を打ったが、つなぎの意識が強すぎ、さらに去年打った1番では、出塁しようしようとして、このような何かしなければならない打順になると、意識しすぎて自分のバッティングを崩しているように見える。

やっぱり、とにかく打つだけの、6番で再度打たせるのがいいと思う。



そしてもう我慢の限界に達したのは、言うまでもなくおすぎ。

観戦したときもだったが、ヒットは打たれないが、フォアボール連発⇒ホームラン のパターンばかり。

今季は開幕から、まったくいいとこなしのピッチングで、2軍に落ち、上がってくれば、いつもこのようなピッチングの連続で、落ちて上がって落ちて上がって落ちて上がっての繰り返し。

そして、恐らく今シーズン最後のチャンスとなる、昨日の試合も、フォアボール⇒ホームランなどで失点を重ね、4回を投げて4四球、3失点。

もうあきれるくらい、毎度毎度同じ内容のピッチングやね。
ここまでくれば、背番号18も剥奪でしょうな。

まー、昨日の試合なんか、三浦先発とわかっていて、あえておすぎを登板させたのだから、捨てゲーム覚悟でやっていたんだろう。



おすぎの後、5回から3イニング、ハシケンが登板。

2005年の、球児並みの真っ直ぐと、最強のチェンジアップは影を潜め、力の無い真っ直ぐに、チェンジアップも真ん中に入り、そしてノーコン投手に成長してしまった。

村田・吉村に連続打ち上げ花火を浴びるなど、3回5失点と、敗戦処理の中でもひどすぎる炎上っぷり。


幸いにも、今日は3回裏に福原が吉村に3ランを打たれて、3対6と敗色濃厚になるも、雨が味方してノーゲーム。

まだ神様は見捨てていないということなのか・・・・・・

この暑さはダルい・・・・・

昨日から2学期が始まったわけですが、今週はずっと運動会練習。
授業がないのは嬉しいが、炎天下の中での練習漬けも辛い、、、

しかも来週は、進路を占うと言っても過言でない、実力テストが・・・・・。

2学期は部活がなくなった分、他の面で相当忙しくなりそうです。



ここ最近、ファミスタがあまり面白く感じなくなってきた・・・・・。
ファミスタの試合も、別に面白くないし、なんだかダラダラと1日に1・2試合ほどやる感じ。
面白く感じないせいか、負けてても、逆転勝ちをしようという気力が沸いてこなく、先手を取られればあっさりと負けるというのがほとんど。

別の野球オンラインゲーム「魔球魔球」でも始めようかな?とか思ったけど、ここで始めてしまうと、受験勉強も今以上に怠ってしまうのが目に見えてるので、グッとこらえて我慢。


それでも、FPがいつの間にか3万を越えていたので、暇つぶしに4000FPほど回してみました。
出はなかなかいいけど、ダブりばかり、、、

最後の1000FPほどで、まず由規を獲得!!
これでようやく高校生ルーキービック3が揃いました^^

由規


さらにラスト1回で、スペシャルにストップ!!
まー、ナムコだろうが、収穫のないまま終わるよりはマシか。と、ネイトクラスの選手を想定して見てみると、

» 続きを読む

5割でいいんだから

巨人に結局1勝2敗で負け越し、それと共に、8月を9勝11敗と、初の負け越しで終えた。
ただ、調子も落として、5連敗やら、オリンピック陣も抜ける中でこの成績なら、よくやったという方でしょ。

巨人としては、金刃を投げさせたことを悔やんでるんじゃないかと。
まー、原はまだ勝負は先にあると読んでいる感じなのだが・・・。

でも、阪神は巨人がいくら勝とうと、残り30試合ほどを、5割でいけば優勝できるので、まだまだ全然余裕やね。

ジェフに関しては、もう気持ちをリフレッシュすることだね。
あれだけ毎試合のように失点を続けていれば、やっぱり2軍で少し間隔もあけてあげたほうがいいだろう。
岡田も、10日したらまた上げる。と言ってるみたいだし。

何にせよ、阪神の左のリリーフは、江草とジェフしかいないので、ジェフは貴重な戦力やからね。

ただ、ジェフも、いい年になっているから、ジェフがいつ抜けてもカバーできるよう、最悪江草レベルの左腕リリーフが必要になってくる。

そうしてみると、現在阪神にいる、下柳・岩田・江草・ジェフ以外の左投手では、能見・筒井・正田・小嶋の4人しかいない・・・・・。

しかも、どの4人も先発向きの投手で、中でも中継ぎでいけそうかな?といえるのが、筒井のみ。
その筒井も、まだまだという感じだし・・・・・・。

となると、これからの新人選手に期待するか、他球団から補強するか・・・・。
外人でまたジェフのような投手を獲るのは、たぶん無理だろうしね。


Page Top

LET'S GET RETARDED(藤本選手登場曲)
プロフィール

コロン

Author:コロン
寮生活は、TV・PCがなくても意外にやっていけるw
まー勉強時間があれだけあれば気も紛れるか^^;

カウンター
時計
Weekly Chart
Blog Pet
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。