1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. この夏が正念場
  4. 阪神タイガース » 
  5. この夏が正念場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

この夏が正念場

タイトル通り、この7・8月が山場ですね。

昨日はいいとこなしというか、打線が全くつながらなかった。
つながる日は爆発的につながるけど、つながらない日は、ほんとにつながらず、当然甲子園でHRが打てるわけもなく、つなぎの打線がつながらなければ完封負け。というのが、ここ最近は多々。

まー、3番・5番がいないのに、この9連戦を4勝5敗で乗り越えれたのは大きかったけどね。

さて、昨日の阪神VS巨人。

打線はいいとこなしというか、昨日のグライシンガーの出来からすれば、もっと打てたはずなのだが、5回までたった1安打。

阪神先発のボギーは、相変わらず打線の援護がなければ自分の投球をし、5回まで三振の山を築き、明らかにグライシンガーよりも最高の出来だった。

が、やはり落とし穴は6回。
球数がボギーには限界の80球に到達し、案の定5回までとは人が変わってしまう。

坂本にヒットを許すなど、1死1・2塁となり、ここでバッターは2番古城。

カウント2-0と、このまま行けば普通に抑えれるだろ、と思っていた矢先、なんと最悪のデッドボール。
そして今回もマイワールドに入り込んだボギー。

ここで矢野が3回り目となり、巨人打線が徐々に真っ直ぐに合いだし、しかも球威・スピードも落ち、さらに打者は真っ直ぐに強い小笠原ということで、変化球のサインを出し、配球を変えに来た。

が、これをボギーは首を振り、真っ直ぐ勝負にこだわった。

そして、結局それを完璧に捕らえられ、2点を失い、続くラミレスにも2-0から浮いたスライダーを簡単に右中間へ持っていかれてあっという間に4失点


これが大きく響いて、セリーグ相手では、ヤクルト以外に初の負け越し。

ボギーが得意の真っ直ぐ勝負にこだわりたいのもわかるけど、実は矢野がこうやって配球を変えるのは、ほぼ毎回打たれだす6回にやっていて、しかもそれを毎回首を振り、真っ直ぐ勝負で打ち込まれるケースの連続で、1度・2度だけのことではない

去年からもだったけど、矢野もこうやって配球をわざわざ変えようとしているのに、いつも首を振ってキャッチャーのリード無視で打たれまくっていれば、矢野もやってられないという気になると思います。(ていうより、去年実際にそういう感じのことを言ってましたが)

ボギーはカーブもいいものを持ってるのに。

こういう風に、矢野のリードにも従い、80球肩を直し、味方が援護した直後に崩れる癖がなおれば、もっと勝ち星も増えると思うのにな・・・・・。

もう精神的な問題だと思う。


昨日の試合で収穫といえば、庄田が代打でヒットを放ち、1軍昇格後3打数2安打と、左の代打の層がまた厚くなったことかな。

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://koronkantoku.blog117.fc2.com/tb.php/364-8f886797 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

LET'S GET RETARDED(藤本選手登場曲)
プロフィール

コロン

Author:コロン
寮生活は、TV・PCがなくても意外にやっていけるw
まー勉強時間があれだけあれば気も紛れるか^^;

カウンター
時計
Weekly Chart
Blog Pet
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。