1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 岡田政権に終止符
  4. 阪神タイガース » 
  5. 岡田政権に終止符

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

岡田政権に終止符

できればもっと長く、岡田阪神の試合を見たかったが、ついに終わってしまった。

2軍監督時代から、選手を育てるのが上手く、球児・鳥谷・岩田・林・桜井や、たくさんの若手を育て上げてきた。
そして2005年にはJFKを確立し、リリーフの重要さ、守り勝つ野球というのを作り上げ、教えてくれた。

その岡田阪神ラストゲームは、育て上げた先発の岩田が、序盤にエラーで2度先頭打者を出すにも関わらず、持ち前の粘り強いピッチングでダブルプレーを奪い、点を与えぬ気迫の投球。

そして中盤からは全く相手打線を寄せ付けず、8回を投げて被安打1という、これ以上ない最高のピッチングを見せてくれた。

だが、打線は岩田同様3年目の吉見に、完全に翻弄された。
初回に赤星ヒット⇒盗塁⇒関本進塁打で、理想の形で1死3塁のチャンスを作ったが、絶不調新井・金本の3・4番に1本が出ず、先制点を奪えなかった。

するとここから吉見にエンジンがかかり、外角いっぱいに140キロ代後半の最高の真っ直ぐがバシバシ決まり、7回まで手も足も出ず。

それでも8回裏、1アウトから好投岩田に代えて、代打に桧山を起用した。

ランナーがいないなら、林や中日戦で相性のいいミッチャンを起用してもいいのでわ?と思うが、突破口を開くには、やはり桧山だし、ずっとこういう場面では桧山を使っていて、いかにも岡田監督らしい采配だった。

結果桧山は三振だったが、続く赤星が2ベースを放ち、さらに送球エラーで一気に3塁まで行き、2アウトながらもランナー3塁と、久々のチャンスを迎えた。

しかし関本が吉見の気迫の真っ直ぐに詰まらされ、8回まで無得点。




こういう緊迫した試合では、意外な展開で試合が決まるパターンがよくある。

例えば05年の優勝を決めた、中村豊のホームランのように、意外な打者が最後に決めるというパターン。

そしてもう一つ。
絶対打たれるわけがない、という絶対的守護神が打たれて負けるというパターン。

なぜだかわからないが、8回に岩田に代打を送ったところで、9回に藤川が打たれて負けるというのが、頭の中をよぎっていた。

そして9回表の先頭打者に、代打立浪というところで、かなり嫌な予感がした。
変化球のボール球はほとんど振らないし、球児の真っ直ぐをヒットにもする力があり、さらに真っ直ぐを待ちながら、変化球もヒットにすることのできる、優れたバットコントロールを兼ね備えた、こういう場面では1番嫌なバッターだ。

そして、今の立浪の状態と、藤川の真っ直ぐの調子の良さを考えれば、ここは中途半端に変化球で勝負するのは、絶対避けなければならない。

だが、初球インコースに最高の真っ直ぐを決めた後、フォークが真ん中に入りセンター前へクリーンヒット。

さらに送りバント、暴投で、1死3塁と絶体絶命の大ピンチ。

それでも森野に対しては、調子の悪い変化球をやめ、真っ直ぐでグイグイ押して行き、セカンドフライで2アウト。

そして2アウト3塁で、バッターは4番タイロンウッズ。

ここで思い出すのが、去年の藤川対ウッズの球史に残る11球連続真っ直ぐ勝負である。
その時は、ウッズにセンター前へはじき返され、ここで去年の仕返しの場がやってきた。

敬遠という手もあるが、そうなると藤川の苦手な和田・ノリと続くので、逃げることはできない。

力と力のぶつかり合う、最高の場面。
カウント0-3から、真っ直ぐ2球をウッズが詰まらされる感じで、2-3に。



悲鳴が鳴り響いた。

藤川の真っ直ぐが、ど真ん中へ吸い込まれるようにいき、そしてそれをウッズが完璧にレフトスタンドへ叩き込んだ。

言葉を失ってしまった。

しかし、日本一最高の真っ直ぐが打たれれば、もう何も言うことはない。

岡田監督が球児をリリーフへ転向させ、そしてそこから炎のストレートを生み出し、岡田阪神にはもう欠かすことのできない最高の投手へと成長した。



いつかは負ける。
だが、これ以上の最高の負け方がどこにあるだろうか。

藤川球児の真っ直ぐが打たれれば、悔いなんか残るわけがない。




常に選手の気持ちを考え、采配を揮った岡田監督。

そういった最高の岡田阪神も、これにて終止符を打たれた。


岡田監督、本当に5年間お疲れ様!!
そして最高のチームを作り上げてくれて、本当にありがとう!!!
喜ぶときは、満面の笑みで喜ぶあの笑顔、ファンは絶対忘れない!!
そして最後の最後に流した涙、選手は絶対忘れない!!
さらば岡田監督、そしてまた戻ってくる日をファンは待っている!!


スポンサーサイト

Comment

岡田乙!

「なぜだかわからないが、8回に岩田に代打を送ったところで、9回に藤川が打たれて負けるというのが、頭の中をよぎっていた。」

はい、僕もそんな気がしました。
案の定である。
岩田なら勝てたような・・・

  • めと [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/21 (Tue) 21:13
No Title

岡田監督の引退会見で「岡田ってこんな声してんだ」と思いました。
なんかやさしそうな親父というか近所の親父というか親しみやすい感じ?
そういえば関東では話してる映像はほとんど流れてない気がするなぁ。
なにわともあれお疲れ様ですね。今後も何かしら野球に携わってくれる事を期待します。

それと来年新体制の阪神にも期待!燕以外に勝利でw

  • 苦労詐欺 [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/22 (Wed) 14:59
こんにちは

>めとさん

ベンチが動くと試合も動く・・・・
岩田で9回もいってほしかったが、まー8回に代打を出すとこが岡田らしいね。

真弓監督に、来季は頑張ってもらいましょう!


>苦労詐欺さん

確かに関東地方だと、岡田のインタビューはないと思いますからね。
ただ、岡田はしゃべるのは下手やね^^;
まー、そんなとこも岡田らしいと言えばそうなのだが。

だからプロ野球中継の解説はどうなのか^^;

  • コロン [#..nm6Krw] |
  • URL |
  • 2008 10/23 (Thu) 16:49
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://koronkantoku.blog117.fc2.com/tb.php/425-43093352 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

LET'S GET RETARDED(藤本選手登場曲)
プロフィール

コロン

Author:コロン
寮生活は、TV・PCがなくても意外にやっていけるw
まー勉強時間があれだけあれば気も紛れるか^^;

カウンター
時計
Weekly Chart
Blog Pet
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。