1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. これが本当の韓国戦
  4. WBC » 
  5. これが本当の韓国戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

これが本当の韓国戦

まー昨日の試合は予想通りと言えば予想通りの1点を争う試合となったのだが、打線が0点じゃぁなー・・・・・

勢いに乗って、打つときはとことん打つが、打てないときは極端に打てない。

まるで阪神を見ているようでしたww

昨日の試合は第2ラウンド進出が決まっているからそんなにドキドキはしなかったけど、初戦からキューバが相手は厳しいな^^;



■これが本当の日本打線だと思う方がいいだろう

前回の対戦で、韓国が途中から諦めて日本打線が一気に爆発したのとはうって変わって、昨日は4回裏と、8回裏の2度のチャンスしかなかったなぁ~

4回裏の1死3塁では、村田が韓国の全球真っ直ぐ勝負に完全に押し込まれてファーストファウルフライとなり、続く不振の稲葉もピーゴロで終了。

村田はここまで緩い球しか打っていないところから、昨日は韓国バッテリーが徹底的に真っ直ぐで押してきたな。

村田も真っ直ぐ勝負となり、力んでバットが全然出てきてないから、完全に真っ直ぐに振り遅れて、バットにかろうじて当てるのがやっとという感じだった。

こういうところを、試合中で修正できるようになれば一流となれるんだけどね。

恐らく今後の韓国戦も、村田に対しては真っ直ぐで攻めてくる場面が多くなるだろう。
なので、タイミングをもう少し早めにとり、バットのヘッドが出るようにしないと、また同じようにやられると思う。


8回裏のチャンスは、イチローのヒットで1死1塁となり、中島がまさかの送りバントで2死2塁で青木の1打でかけた場面。

ここはイムとのチーム内対決で、そういう意味でも見応えのあるとこだった。

最初2球が、外にはずした感じのボール球だったので、勝負にみせかけての敬遠かなー。と思ってたんだけど、次の球はインコースへシンカー?を投げ、青木もついバットが出てしまったという感じでピーゴロでイムに軍配。

まー青木は当然イムと対決するときがないんだから、イムのほうが明らかに有利な場面なんだがw


個人的には、中島に簡単に送らせず、イチローの盗塁やエンドランとかでもおもしろかった気もするけどね。



■中島の隠れたファインプレー!!

結果的に投手陣は被安打も4で、1失点という合格点の内容なのだが、7個もフォアボールを与えるのは良くなかったね。

唯一の失点した4回も、先頭打者へのフォアボールがきっかけとなったわけだし、中盤からはランナーがずっと塁に出ていたからな・・・・


先発の岩隈は、3回までは球数も30球ほどで、打者9人をパーフェクトに抑える最高のピッチング!

しかし打順が二周り目に入った4回表にちょっと狂い始めた。

先頭打者にはストライクがまったく入らずフォアボールを出すなど1死1・2塁で4番キムテギュンというピンチを迎える。

ここで岩隈、城島バッテリーは、この日岩隈が特に良かったインコースにえぐり込むシュートを決め球にし、ゲッツー狙いでの勝負に。

となれば、当然打者も引っ張りにかかるので、三塁線にゴロが飛ぶ確率が高くなる。なのでがら空き状態の三塁線を、締めておかないといけない。と解説の古田さんが言ってましたw

するとその矢先、インコースのシュートをキムテギュンが三塁線に打ち、もう少し三塁線を締めていればゲッツーコースも、村田がショート寄りに守っていた分ダイビングキャッチするも及ばず、三塁線を抜けてタイムリーに。

それでもこの後の守備は素晴らしかった!!

飛び込んだ村田の代わりに、ショートの中島がすかさずサードベースのカバーに行くと、レフト青木の見事な好返球で1塁ランナーをアウトにし、ここで相手の押せ押せムードになるのを防ぐことができたのだ!


この後またフォアボールで2死1・2塁となるも、1球目でセカンドランナーのリードが大きいと見た城島が、2球目にすかさずセカンドへ送球し、そしてショート中島もすばやくセカンドベースに入ってタッチアウト!!


ほんとに中島の動きはかなりいいものになってるね!
簡単そうなプレーでも、なかなか瞬時にベースカバーに完璧につくのは意外と難しいからね。



■助けられた韓国の走塁ミス

さっき書いた青木の返球で1塁ランナーがアウトになったり、城島の送球で2塁ランナーがアウトになったり、4回の1死1塁からエンドランで内野フライを打ち上げ、1塁ランナーが帰塁できずアウトになるなど、日本の攻守もあって、韓国はもう一押しがなかなかできなかった。


しかし昨日の大ピンチはやっぱり7回表だろう・・・

杉内が先頭打者にフォアボールを与え、ここで打者がキムテギュンとなり馬原に交代。

当然代わりっ端で対戦のない投手が相手となると、相手打者もまずはストレートしか待たないだろう。

なので、キムテギュン相手に初球から狙ってくるストレートを投げるのはかなり危ないので、無難にフォークあたりでいくだろうと思った。


が、なんと初球からいきなり甘いコースにストレートwwww

当然キムテギュンが見逃すわけがなく、右中間に2ベースで無死2・3塁と勝負が決まりかねない最大のピンチ。


ほんとにこれまでの考えたリードは一体なんだったのかとwww


しかし続くイデホのショートゴロで、3塁ランナーがちょっとおどおどしてホームに突入し、挟まれようとすることなく自ら城島のもとへタッチされに行けば、セカンドランナーも3塁ランナーがおどおどするから、スタートするか迷い、結局3塁ランナーが突入したから遅れながらも3塁へ進塁しようとするも、サードランナーが簡単にアウトになるせいで、余裕で城島からサードへボールが渡って6-2-5のダブルプレーwww


まさかここで韓国がこんなミスをしてくれるとはww
ほんとにゲームが決まりかねないこの場面でやらかしてくれて助かりました



■球児の調子は・・・・・・

昨日は9回に、無死1塁の場面で登板した藤川。

正直ランナーがいる場面での球児は結構怖いものがw
フォークがワンバンする日なんか最悪のシナリオもあるからな^^;

幸いにも昨日はフォークが上手く落ちる場面もあった。

1死1・2塁となるも、続く打者をファーストゴロでゲッツーに仕留めて無失点。

まーいつも球児は見ているから、あの1球1球投げるまでの間の長さには結構慣れたけど、やっぱりあの間はヒヤヒヤさせてくれるね^^;

1球投げるのにも、見るのにも、あんなに疲れるなんてことはなかなかないぞw

ランナーが出たときなんか、ほんとに見ている方もかなりえらいからね。

そういうところは、久保田劇場などでだいぶ鍛えられた気がしますww



まー結局負けて、初戦キューバが確実なわけですが、逆に勝てば勢いのつけることのできる相手なので、ここはプラスに考えていきましょう!

キューバの投手もそこまでよくはないはずなので、投手陣が2、3点くらいで踏ん張ってくれれば勝機もある!!
スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです。テスト終わりました。これからもよろしくお願いします。

  • 広島 [#-] |
  • URL |
  • 2009 03/10 (Tue) 16:36
広島さん、こんにちは

テストお疲れです^^
こちらこそ今後もよろしくお願いします!

  • コロン [#BaVqJGy6] |
  • URL |
  • 2009 03/10 (Tue) 18:44
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://koronkantoku.blog117.fc2.com/tb.php/532-95c8b57d この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

LET'S GET RETARDED(藤本選手登場曲)
プロフィール

コロン

Author:コロン
寮生活は、TV・PCがなくても意外にやっていけるw
まー勉強時間があれだけあれば気も紛れるか^^;

カウンター
時計
Weekly Chart
Blog Pet
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。